シュバシコウ White Stork

シュバシコウ White Stork

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ

撮影時:2018年1月31日

メモ:ヨーロッパで、赤ちゃんを運んでくるといわれる鳥。

日本では、コウノトリと言われてるけど、正確にはこの鳥、シュバシコウ。

コウノトリの仲間だから、間違いではないともいえる。

ヨーロッパでは煙突の上に営巣している写真をよく見るが、

私は実際に見たことはない。

私がこの鳥を見るのは、タンザニア。

寒いヨーロッパから渡ってくる、渡り鳥として、

タンザニアに大挙してやってきているが、

そんな時に出会う。

渡り鳥として出会う。

どういうことかと言うと、

毎年、会う場所が違うのだ。

今年は、珍しく花が咲く時期と重なり、

緑だけではない色のある草原の中に

多数おりているタイミングで出会った。

ンゴロンゴロのクレーターの斜面に多数降りて

見渡す限りのシュバシコウというすごい光景を見た年もあったし、

タランギーレの上空を、大群が旋回しているのも見た。

毎年、ほぼ出会えるが、どこであうかはわからない。

渡り鳥としてあうので、かなりの数のシュバシコウとあう。

今年のセレンゲティは、雨がすでにかなり降り、花が咲き乱れていた。

そんな中、シュバシコウが歩きながら餌をさがしていた。

白い体に、赤いくちばし。

オレンジや黄色の小さな花が咲く草原の中、歩いていた。

とても美しかった。

いままでそんなにきれいだと思ったことはなかった鳥だったが、目を奪われた。

毎年どこで出会うか楽しみなシュバシコウ。

次の出会いはどんなだろうか。