網膜剥離の前兆 黒い点々が見え 飛蚊症の量が増える

半月ほど前に網膜に穴が開いているのが発覚し、すぐにレイザーで焼いて穴を塞ぎました。

今日は術後検診2回目でした。

問題なかったのですが、今後生活するうえで、いろいろ心配だったので、しつこく聞いて得た情報です。眼科のドクターには当たり前かもしれませんが、自分は初めて聞きました。

網膜に穴が開くのは防ぎようがない。
強度近視の人(8とか9の人写真の数字を参照)は50代になると、年齢的に開きやすくなる。
穴にも2タイプあって、開いてすぐに網膜剥離になる穴と、そうでないタイプがある。
穴があいて網膜剥離が起こっていると、白い壁や青い空を見ると、黒い点々がたくさん見える。飛蚊症の量も圧倒的に増える。

と聞きました。

レイザー手術の前は、普段と同じ生活でいいと言われましたが、後から一か月は重い荷物は持たないでと言われ、いつも重い荷物持ってばかりなので、先に教えてよと思いました。ドクターにとっては、常識でも一般人にとっては、全く知らないことばかりなので、もう少し親切に教えてもらえないかなぁと思った次第です。が、自分も仕事でそういことしてるかもなぁと、気を付けようと思って帰ってきました。

それにしても、短時間にもかかわらず、目が不自由なのは大変。瞳孔を開く目薬をつけて検査するので、終わっても数時間見にくいにし、まぶしいし、病院は半日かかるので、結局一日がかり。ケガや病気はしないように、病院に行かないで済む生活をしようと、待合室で思いました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。