カワリタイヨウチョウ Variable Sunbird

カワリタイヨウチョウ

撮影国:タンザニア

撮影地:アルーシャ国立公園

撮影時:2018年1月27日

メモ:体長10センチ程度の小鳥。

光沢色で、光が当たるとすごい存在感。

紫や緑色がギラっとする。

双眼鏡があっても、鳥までの距離があまりに遠いと10㎝しかないので、やはり小さい。

でも狭い公園だと、道路両脇の灌木のトップに止まってくれ、

時々間近に見せてくれる。

ありがとう!

といつも思う。

「わぁーきれい!」と歓声があがることもある。

歓声の声が大きすぎて、鳥が逃げてしまうこともあるけれど、

とめられないよなぁ、と思う。

光に当たった瞬間に、キラッてこの鳥、サンバード、まさしく太陽の鳥、タイヨウチョウの鳥の仲間は光る。

で声が出てしまう。

鳥が近距離にたまたま止まってくれたのに

さわいでしまうと、もちろん鳥はすぐ飛んでしまう。

一回、自分が大声をだして、きれいな鳥が、近くに来たのに、飛ばしてしまう、逃がしてしまうということをすれば、

周囲の人以上に、本人ががっかりする。

次から気を付けてくれれば、それでいい。

理解できていない人には、説明しますが。

そんなに、周りが見えていない人はほとんどいない。

わかっているけど、

その瞬間に大きな声を何度も出してしまう人、

毎回さわいでしまう人などいらっしゃいますが、

鳥は、静かにしていないとすぐに飛んで行ってしまいます。、

バードウオッチング歴が長いと、

感動の瞬間に湧き上がる言葉を飲み込むようになりますが(鳥が逃げると本末転倒なので)

それも徐々に覚えてもらえたら、嬉しいです。

自然環境の中での動物との出会いは、一期一会なので

同じ状況で2回目というのはほぼ無いですが、

タンザニア北部は、鳥の出現回数のチャンスが他と比べたら各段に多いので

多少の失敗はリカバリーできます。

そのためにも忙しすぎない旅、サファリがベストです。

バードウオッチング歴が長くても、間違いを起こすこともあり、

本当に一概に言えません。

サファリ中は、車の左右で見えるものが違います。

みんなで探して、みんなで楽しみます。

ビギナーズラックもあります。

経験値の差から、バードウオッチング歴の長い人が早く見付けることが多いですが

そうでないこともあります。

たくさんの目があれば、自分ひとりでは見付けられないものに出会えます。

だから人の失敗に寛容に、そして人の喜びも享受できると

とても楽しい日々になると思います。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。