旅の出発 フライト出発3時間以上前の空港到着がおすすめ 何がいいのか?

成田空港に行く際は、最寄りの駅から直通のリムジンバスを利用するか、

日暮里駅経由でスカイライナーを利用することが多いです。

電車を乗り継いでいくことは、小さいとはいえ、スーツケースのほか、

ザックと手荷物等の荷物があるので、できれば避けたいですが、

夜行便の利用とか、昼間の時間帯など、

リムジンバスを利用するには時間があわない、

もしくは渋滞の恐れがあるようなときは、電車を使います。

今まで、いろいろな目に遭っているので、

できるだけ、電車を利用して、

フライト出発時間の3時間~3時間半前には遅くとも空港に到着するようにしています。

仕事というのもありますが、多少のトラブルがあっても対応できる時間というのが必用。

成田空港はちょっと遠いので、公共交通機関がストップすると怖い。

過去に、そういう目に遭ったこともあるので、なおさらです。

リムジンバス利用の時は相当早くに到着する便に乗るか、

朝いちばんのそれしかないというバスを利用しています。

または、成田空港周辺に前泊したりと。

空港に到着しないと旅は始まらないので、

私は、成田空港に入る時は、慎重です。

飛行機の座席指定と変更

早くにチェックインすれば、希望の座席に指定、または変更できる可能性も高いです。

トイレに行きやすい通路側を希望する方が多いです。

最近、エコノミーの事前座席指定でも、

航空会社によって有料だったり、

時価だったりする航空会社もあります。

以前より、希望の席を確保することが難しくなりました。

ネットで事前にチェックインが出来る時はまだいいですが、

プリチェックインが出来ないことがままあります。

そんな時も含めて、早めに空港にきて、チェックインし、

機内で快適な座席を確保するというのは大事です。

また、既に通路側や希望の座席をおさえてあったとしても

機材繰りの関係で、予定の飛行機材が変更になってしまうと

座席の番号はリセットされます。

チェックインの際は、通路側かどうか、

自分の希望通りになっているかどうか、

自分で最終確認することをおすすめします。

機内で快適に過ごすために大事な、

座席の確認、変更

が全く出来なくなるので、

慌てて、ギリギリ空港に入るのは、

おすすめしません。

最近の成田空港は、お店も新しくなっていますし、

それなりに見るところもあるので、

時々利用する方なら、それなりに楽しめると思います。

旅の出発は、余裕をもっていくのがおすすめです。

今日は、日暮里駅でのスカイライナーへの乗り継ぎの際に

私が楽しみにしているパン屋さんを紹介しようと思って書き出したら、

話がそれたので、それは後日書くことにします。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。