私のパワースポットはアフリカなのか? タンザニアのサバンナなのか?

ンゴロンゴロ自然保護区のライオン

元気になれる場所、パワーをもらえる場所という意味で、パワースポットを定義するなら、アフリカのタンザニアが自分にとってのパワースポットかもしれないと、同僚に言われて、そうかもなと思うようになりました。

セレンゲティ国立公園 ナービヒルゲート

タンザニアは、ケニアと並び観光立国で、野生のゾウ、キリン、ライオンなどを見るならば、もっとも一般的な東アフリカの国で、キリマンジャロ山があります。コーヒーが有名ですが、紅茶も名産地でコーヒー好きな自分ですが、タンザニアに行くと紅茶ばかり飲んでいます。(理由はまた今度)

ヘビクイワシ

ツアー中は、ご参加の皆さんが元気かどうか、ケガしないかどうかの安全管理が一番大事なのですが、サファリカーに乗って、サファリをしているときは、皆さんどこにも自由に行けないので(団体行動で行方不明者がでること位、怖いことはありません)、自分も動物の観察・撮影にいつもより集中できます。

キエリボタンインコ

動物を探すのも大事な仕事ですが、タンザニア人のドライバー兼ガイドの方がよほど自分より目がいいので、哺乳類はまかせて、自分は観察した鳥の名前を図鑑で確認する、自分が観察して気づいたことを伝えてもっと楽しんでもらえるようにする(例えば、妊娠したシマウマやヌーなど自分はすぐわかります)。

セレンゲティ国立公園のアフリカゾウ

ガイドは普段は鳥を探さないので、小さめの鳥は自分でチェック、それから見たいとリクエストされている動物がいないかなど、いつも結局、探しています。で、この作業、目や首や腰にきます。そして暑くてボーっとしてきます。が、時々、すごいものを目にして、元気になります。ほぼ同じ時期にタンザニアへ訪れていますが、毎回違った動物たちの姿を目にして心震えます。

セレンゲティ国立公園 親子ライオン

前回、一番気持ちが高揚したのは、母ライオンが言うことをきかない子供の首をくわえて歩いたのを間近に見たときでした。ネコ科なんだなぁ~と。ライオンって寝ているシーンはよく見るのですが、あまり動いていないのです。

カバは皮膚が弱いので、昼間は水の中にいます

ライオンも群れでいることをよく見ますが、アフリカゾウも群れで見かけます。そして小さな子ゾウがいると、こちらに気づいた瞬間にみんなで子象を隠して見えなくします。そんな、シーンを何度も見ます。タンザニアに来ると子供もう一人ほしいなぁと思ったりしていました。また日本に帰ると日々の生活に忙殺されて、そんなことすぐ忘れるのですが、アフリカに来るたびによく思いました。

タランギーレ国立での日の出

夕方、サバンナの地平線の景色を見ながら宿への帰り道を走っていると、日本で悩んでいたことが小さなことに思えて、まだまだ大丈夫とよく仕切り直しをしていました。というわけで、私にとって、タンザニアは元気になれる場所の一つです。

最後の写真は、日の出の写真です。色味だけ一緒ということで、夕焼けはまた今度。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。