世界三大漁場とは? ノルウェ―沖、金華山沖とグランドバンクス

ニューファンドランド島のニシツノメドリ(パフィン) Atlantic Puffin

今月末からまた出かける、カナダ東部にあるニューファンドランド島の近くにあるのが、グランドバンクスと呼ばれる、三大漁場のひとつで、たしかに魚介の美味しいころでした。

魚が多い場所は、鳥も多く繁殖地(岩場にぎっしりついてる黒い点は卵を抱くウミガラス)になることも多く、そしてクジラやシャチ、トドなど大型の海洋性哺乳類も多く生息するということで、自然観察の場所に適しています。岩場に鳥がぎっしり、営巣中(卵抱いてたり、これからだったり)

トップの緑の芝生の中にいる写真の鳥は、ニシツノメドリ、英名 Atlantic Puffin、日本でもパフィンと呼ばれて割と知っている人が多い鳥です。この鳥だけを見たいという方をアイスランドにご案内したことがあります。くちばしが特徴的で、小魚をたくさんくちばしに並べくわえられます。この鳥、アイスランドでも繁殖していますが、ニューファンドランド島での繁殖数は、非常に多く、1万以上と言われましたが、本当に空が黒くなるくらいの群れを昨年見て驚きました。

オオカモメがニシツノメドリを襲う去年、その鳥を、オオカモメ(世界でもっとも大きいカモメ)が襲いあっという間に、獲物としてしまいました。生き物の観察をしていると、そういう場面に時々あいます。食う食われるを間近に見る機会が自分は文字通り多いです。

食べて、繁殖して、子供を育てるということを、動物はしっかりやれてるよなぁと、自分はバランス悪いなぁと、そんなこと時々考えています。

ウミガラス 顔が2パタンあります

この鳥が、岩にいっぱいいた鳥でウミガラス。目の周りが白い縁取りで目がぱっちりタイプと、無いのと2タイプいます。

この島、鳥、鳥、地質学、食べ物といろいろ面白いので、また後日紹介します。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。