ニューファンドランド犬 海難救助犬で活躍

ニューファンドランド犬

犬好きの友人にニューファンドランド犬に会えるの?と聞かれましたが、残念ながらまだ会えていません。

かつて、ボートが無い時代、氷山が多く、霧も多いこの島の近海ではよく遭難があったそうで、その救助犬として活躍していたと去年説明を受けました。

ただ、大きいので今では飼育が大変で敬遠されると。事前に知り合いに連絡してお願いしない限り、偶然出会うの可能性は限りなく低いと言われました。ニューファンドランド島にいるからって、散歩しているのに出会えるような犬種ではないようです。

どの位大きいのかと思っていたら、このポスター。男の人のサイズにもよりますが想像以上に大きい! ラブラドール犬の2倍サイズが普通サイズらしく、毛皮が二重構造で厚く、冷たい海に入っても長時間持ちこたえると。

いつか、出会えたらうれしいです。冷涼な気候だから、厚い毛皮の犬なのでしょう。日本だと、暑くて大変なことですね。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。