10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

ニューファンドランド犬 海難救助犬としてかつて活躍した犬

ニューファンドランド犬 海難救助犬としてかつて活躍した犬

犬好きの友人にニューファンドランド犬に会えるの?と聞かれましたが、残念ながらまだ会えていません。

かつて、ボートが無い時代、氷山が多く、霧も多いこの島の近海ではよく遭難があったそうで、その救助犬として活躍していたと去年説明を受けました。

ただ、大きいので今では飼育が大変で敬遠されると。事前に知り合いに連絡してお願いしない限り、偶然出会うの可能性は限りなく低いと言われました。ニューファンドランド島にいるからって、散歩しているのに出会えるような犬種ではないようです。

どの位大きいのかと思っていたら、このポスター。男の人のサイズにもよりますが想像以上に大きい! ラブラドール犬の2倍サイズが普通サイズらしく、毛皮が二重構造で厚く、冷たい海に入っても長時間持ちこたえると。

いつか、出会えたらうれしいです。冷涼な気候だから、厚い毛皮の犬なのでしょう。日本だと、暑くて大変なことですね。