イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

「スワロフスキー」っビーズ以外の製品もあるのを知っていますか?

「スワロフスキー」っビーズ以外の製品もあるのを知っていますか?

バードウォッチングに欠かせないものとして、双眼鏡があります。一般の方は、コンサートなどに利用されるようですが、自分にとっては、ある程度離れたところに必ずいる鳥や動物をよく見るための、仕事の上の必需品です。ライカの双眼鏡と望遠鏡を仕事始めてから20年近くずっと使っていましたが、荷物の軽量化を進めるべく、一昨年、双眼鏡も望遠鏡もスワロフスキーに変えました。

一番の理由は、数年前から腰を悪くして、坐骨神経痛がでたり普通の生活にも支障をきたしそうなので、可能な限り体に負担の少ない荷物の軽量化を進めたかったのです。気分は登山家ですが、そこまでシリアスではないものの、そこそこ真剣で、腰痛改善のため、この夏でヨガを初めて2年、カイロプラクティックに通い2年が過ぎ、最近大丈夫そうかなぁというところまできました。

昨年悩みに悩んで、買い換えました。高いから買い替えを相当、悩みました。双眼鏡と望遠鏡、ほか三脚、雲台など総額は、車が買えるくらいです。全く想像できないかもしれないので、参考までにお伝えすると双眼鏡だけで20万以上します。光学機器は思いのほか高いのです。顕微鏡みたいなものです。遠くの鳥や動物をよく見るための道具ですが、私にとっては大事な道具なのです。

スワロフスキー社は、オーストリー、ヨーロッパの会社です。ビーズが有名ですが、もともとガラスを研磨する技術がもとで、生まれた会社なので、ガラス製品やシャンデリアなども製造しています。しかも日本の伝統工芸のように、その技術は、オーストリーにあるその会社の中だけで、すべてを賄うという、壮大な事業を続けています。いわば、オタク集団の会社です。

オタクな仕事をしているせいかもしれませんが、そういう仕事をしている人たちに親近感があり、いつまでも伝統を守れる会社であることを願ってやみません。高くてもいいものはいい!と言いたい自分ですが、夫には「君は形から入るよね。と言われ、確かにそうだよなぁと思ってます。

でも、道具って大事なんです。私、双眼鏡替えてから、1年たち、世界トップレベルのバードガイドに、鳥を見つけるの早くなったね!と言われ、むちゃくちゃうれしかった!! それだけで、買い換えてよかった~と。道具に頼るのも、上達の方法なんだと、腹落ちした瞬間でした。ちなみにスワロフスキーオプティック銀座というショウルームがあります。アリゾナの小鳥たち