鍵が壊れたトイレに旅先ではいるには? テッシュがあればOK!

アフリカや辺鄙な国では、

トイレの鍵が壊れていることが、

ままある。

足で押さえて手早く済ませたり、

持っているものを置いて押さえたりしたが、

結構大変。

そんな時どうしたらいいかを、

タンザニア(Tanzania)のンゴロンゴロ自然保護区(Ngorongoro Conservation Area)のトイレで、

締められなくて仕方ないからカメラを置いて、

済ませていたら、

いつのまにか閉めてくれていた。

ちょっと感動したので、

共有します。

ズバリ、それは、

テッシュをはさんで、ドアを閉める!

ある程度の厚さが必要なので、

それはトイレットペーパーで調整。

朝習ったら、

昼には実践する場があって、

やってみた。

トイレットペーパーが備え付きでなかったので、

手持ちのテッシュペーパーで、

扉と枠の隙間を埋めるテッシュの塊を調整するのがコツがいり、

隙間をちょうど埋まる程度の厚さにしないと、

扉が開いてしまう。

少し多めのペーパーで調整するのがおすすめ。

そんな、鍵のかからない場所に旅行なんてしないもん!

という方には、

アホみたいなことかもしれないけど、

これ結構使えると思う。

トイレでドアが閉まらないけど、

入りたいときは、

いつか来る!

そんな時のためにも、

覚えておいて損はない!

と思います。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。