10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

鍵が壊れたトイレに旅先ではいるには? テッシュがあればOK!

鍵が壊れたトイレに旅先ではいるには?  テッシュがあればOK!

アフリカや辺鄙な国では、

トイレの鍵が壊れていることが、

ままある。

足で押さえて手早く済ませたり、

持っているものを置いて押さえたりしたが、

結構大変。

そんな時どうしたらいいかを、

タンザニア(Tanzania)のンゴロンゴロ自然保護区(Ngorongoro Conservation Area)のトイレで、

締められなくて仕方ないからカメラを置いて、

済ませていたら、

いつのまにか閉めてくれていた。

ちょっと感動したので、

共有します。

ズバリ、それは、

テッシュをはさんで、ドアを閉める!

ある程度の厚さが必要なので、

それはトイレットペーパーで調整。

朝習ったら、

昼には実践する場があって、

やってみた。

トイレットペーパーが備え付きでなかったので、

手持ちのテッシュペーパーで、

扉と枠の隙間を埋めるテッシュの塊を調整するのがコツがいり、

隙間をちょうど埋まる程度の厚さにしないと、

扉が開いてしまう。

少し多めのペーパーで調整するのがおすすめ。

そんな、鍵のかからない場所に旅行なんてしないもん!

という方には、

アホみたいなことかもしれないけど、

これ結構使えると思う。

トイレでドアが閉まらないけど、

入りたいときは、

いつか来る!

そんな時のためにも、

覚えておいて損はない!

と思います。