ブッシュトイレ 青空トイレ 花摘み 快適な野外でのトイレの仕方

日本にいると、

野外でトイレということは、

そう頻繁にあることではないですが、

辺鄙な国で、長距離移動の場合、わりと普通です。

ガソリンスタンド、ホテル、スーパーなどのトイレが借りられればいいですが、

それらがない場所もあります。

その場合、野外で済ますことになります。

ブッシュトイレ、青空トイレ、花摘み(女性の場合)などといいます。

慣れれば簡単です。

ちょっと準備がいります。

もっとも大事なのは、

場所選び!

どこでするかが大事です。

人が近くにいなくて、

かつ草丈も低くて、

隠れられるようなブッシュ、灌木がある所。

そのエリアで、

足元にアリやそのほか虫がいない、

落ち着ける場所をみつけ、

テッシュ等をあらかじめ準備してから、

手早く済ませる。

割に道路の近くなら、

道路に顔を向けてする。

使用済みテッシュは、

飛行機内で備え付けのエチケット袋や、

ビニール袋を用意して、

その場に捨ててくることはやめましょう。

男性は、ブッシュトイレにも気軽に行きやすいでが、

女性だと初めてなら躊躇して当然だと思います。

でも限界はありますので、

ギリギリになりすぎない程度で、

少し余裕を持って行くことをおすすめします。

村が近いと人が多くて、

人けがあるために、

行けそうなのに行けないことがあります。

マダガスカルでは、

民家のなさそうなエリアで止まったのに、

手早く済まさないと、

どこからともなく、

人が集まってきて、

恥ずかしいことになります。

傘を使ってする話も聞きますが、

かえって目立つので注目をあびます。

ブッシュトイレをするような国は、

外国人がまだ珍しいということが多いので、

見物にこられたりするのです。

そんなこともあると頭の片隅にいれて、

いい場所を選んだら、

準備して、

迷わず、

手早く済ませる!

これが、海外の野外のトイレの鉄則です。

あ〜、テッシュ、袋、

手を洗うための、ウエットテッシュまたは水

はもちろん持っててくださいね!

一回、経験すれば、慣れます。

参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。