南部タンザニア 現地SIMカードでの通信事情

南部タンザニア  現地SIMカードでの通信事情

今回タンザニアで、

タンザニアのSIMカードを入れて、

初めてツアーに同行しました。

今回は、南部タンザニアで、

ダルエスサラームから出発。

行くのも初めての場所で、

SIMカードを入れたところで、

どの程度入るか未知数でしたが、

北部タンザニアよりワイルド!

と聞いていたので、

宿のwifiはあてにならないと考え、

ダメ元で、

用意して行きました。

と言っても、

現地に着いてから買う時間はないので、

ガイドに購入を予め頼んでいます。

で、今回わかった事を、ご紹介。

1 圏外になる事が多くて使えないところは多かった。

2 ルアハ国立公園内でもアンテナが設置されていて、すぐそばでは、もちろん繋がった。

3 3Gなせいか、グーグルのGmail利用ですが、ダウンロードされにくいし、なかなか送れなかった。

4 同じ条件では、Facebook、メッセンジャーの方がむしろずっとつながる。もちろん文字情報だけですが。

5 夜中、ロッジでジェネレーター(発電機)が切れたあと、圏外だったものが、つながるようになった。

理由は、わかりません。

電波障害とか?でしょうか。

6 地図情報、最も欲しい地図情報は全く使えなかった。

ツアー中、いま、どこにいる?

が最も欲しい情報なのに最後まで分からなかった。

今回、帰国出来るか否かのトラブルに見舞われた時、

最も欲しかった地図情報。

2017年1月に初めてiPhoneを手にして最も驚いたのが

この地図情報が、手に取るようにわかるようになった事。

一度知ってしまうと、どの国でも欲しくなる。

でも、撮影した写真には、いつも程ではないけど、かなりざっくりした地名は入っている。

全く地図は出てこなかったけど、

GPS機能は働いていたと推測される。

7 ブログを書くソフトPressSyncはメールより使えて、ブログをアップすることが出来た。

8 一箇所の宿では、自分のwifiが使えないので、

宿のフリーwifiを使おうと思ったが使えず、

その旨伝えたら、

ネットワークが非常に弱いからと、

事務所の前でつなげと連れていかれたが、

結局ダメだった。

以上、こんなところでしょうか。

非先進国で、ネット環境を手に入れること、

まだまだこれから修行が必要そうです。

国や行く場所によって条件が変わるし、

非先進国は、日進月歩でアンテナが立ったり、

電気がそもそも来たりこなかったりなんで、

いろんな要素が絡み合ってます。

いろんな国で、色々試して、お伝えしますね。

ちなみに、今回利用したのは、

VodacomのSIMカード、5US$でした。