日本円からアメリカドルへの両替 どこでするのが1番いいのか?

日本円からアメリカドルへの両替  どこでするのが1番いいのか?

海外旅行に行く際に、

お金はいくら持っていこうか?

そして、次に、

どこで両替しようか?

を考えると思います。

今回、まとまったドルを両替するにあたり、

どこで両替するのがお得か?

どうやって両替したらお得か?

珍しく、真剣に考えてみましたので、ご紹介。

普段は成田空港で、出発前に両替します。

為替レートは、各両替所によって違います。

このレートの違い、結構違います。

下二桁まで、

アメリカドルの場合表示されます。

例えば、

1ドル=113.86円

という感じです。

成田空港内に両替所は多数あります。

多数ある中、

ざっとみた限りでも、

1ドル、113円台から115円台まで見かけました。

かなり違います。

去年、同じターミナル内で、

最も安い両替所を探そうとしました。

到着階と出発階の両方で調べました。

結果、いつも大抵にぎわってる、

混雑している両替所でした。

GPA外貨両替専門店。

両替優遇レートキャンペーン!

もやってました、いまもやってますが。

両替所そのものが便利な行きやすいところにあるので、

それ以来よく使います。

両替金額が多くない普段は、

迷わず真っ直ぐここに両替に行きます。

今回(2018年8月6日)も、

ここが1番レートがいいかなぁと予測して買ったら違いました。

第2ターミナルの到着階にあった千葉銀行が、

自分が確認した両替所では、

今回は、1番いいレートでした。

参考までに、大手市中銀行は、レートが高めです。

有名どころの銀行の両替所は避けた方が無難です。

でも、次のスカイライナーまで、あまり時間がなかったので、

また、夏の繁忙期で、

長蛇の列にもなっていた千葉銀行の両替所には並ばず帰りました。

時間的な要因のほか、心理的な要因もありました。

新聞やテレビでみる為替レートが、

111円台なのに、

113円以上する、ドルを買いたくないとも思っていました。

また、インデックス投信をすすめる人が、

一度に買うのではなく、

毎月決まった金額を買う、

購入時は、

分散するのが得策、

と言っていたこととふと思い出し、

今回は、一部だけ両替して終わりにすることにしようと思いました。

為替レートは変動します。

それは、どう動くかよくわかりません。

世界的に危機が起こると、

円高になると聞きますが、

先日はそう動きませんでした。

ルール通りに動くことばかりではないので、

素人には結局のところ、わからないと私は考えています。

それで、

あとの必要額の両替は、

次の出発日にしよう!

ということで、決心して成田空港を後にしましたが、

なんと、地元の駅に帰ってきてから思わぬ発見がありました。

成田空港以外では、

日本国内で、

ここ20年以上両替したことはありません。

駅前に金券ショップがあり、

ふとレートを目にすると、

なんと、112円台!

びっくりして、

このレートって、本当ですか?

と尋ね、

間違いがないことを確認して、買いました。

金券ショップでも、

ドルが買えるんです。

そんなこと知りませんでした。

成田空港よりいいレートでした。

びっくり。

成田空港で、全部両替出来なくてかえって良かった〜と。

でも、1つデメリットが。

必要な金額全部のドルは両替出来ませんでした。

金券ショップなので、

売りに来た人がいて、

そこにドルがあるという訳で、

在庫は常にあるわけではないと。

電話予約は出来ると教えてもらいましたが、

無ければ無いというので、

あんまり意味はありません。

全ての金券ショップがそういうルールかはわかりませんが。

まとまった額を両替するにあたり、

日本円からアメリカドルへの両替するのに今回、学んだこと。

1. 成田空港の両替所の為替レートは、時間的な余裕、体力的な余裕に合わせ、数カ所で見て比較して、納得できたら両替する。

2.大手市中銀行は、外して両替する。

3.以前いい為替レートだった両替所が、今日もいいとは限らない。

4.金券ショップでも、両替できる。
かつ、いいレートだったりするので、近所にあれば確認、利用するのはおすすめ。

#
最後に番外編

夏は、空港利用者が特に多い。

どこもかしこも、混雑してるので、

両替したい、

wifi借りたい、

保険に入りたいなど、

したいことがある人は早め(最低3時間前)に、

空港に到着することをおすすめします。

両替の参考になりましたら、うれしいです。