エアカラン ニューカレドニアへの航空会社 快適!

初めて今回エアカランのフライトに乗りました。

南の島の航空会社としか思ってなかったんですが、

搭乗してすぐわかりました。

機内はフランスで、

アテンダントはフランス人系。

ヨーロッパへいくフライトの様です。

そして、機内食に驚きました。

思いの外、美味しい。


食べてみようという気になり、

ちょっと違う、この航空会社!と気付きました。

こんなことは久しぶりです。

食べやすい様考えてある、

気遣いのある食事でした。

職業病か、機内食を食べすたせいか、

機内食は苦手です。

食べる気が起こりません。

飛行機に乗る前に食べたいものを、

買っていくこともあります。

フルーツだけ、サラダだけとか、

メインも蓋のアルミ箔はあけますが、

ポテトとか、少しつまんで閉めてしまうことがほとんどです。

機内食って、どこも同じ感じで、

辛いんです。

でも、今回、美味しかった。

そして、フランスなんだなぁと感じたのは、

食前にアルコール等の飲み物の配布後、

食事を配る際に、

ワインは赤か白かどっちにする?と

飲むことをベースに聞いてきました。

ちょっとビックリ。

今までそんな経験はありません。

そして、食後にまたビックリなことが。

コーヒー、紅茶を配った後に、

コニャックを配りにきました。

エコノミーにですよ。

文化の違いを感じました。

アテンダントの方、

基本フランス語ですが、

わかりやすい様に、

肉か魚か?

クロワッサンかパン・オ・ショコラか?

をきく際には気を使って、

英語で説明してました。

ツンとしてそうですが、とっても親切な人でした。

復路はニューカレドニア発が深夜なのですが、

可愛い袋に、

リンゴにサンドウィッチ、

スナックのポテトフライトなど、

食べやすい、つまみやすいものが入っていて、

深夜なのについつい食べてしまいました。

機内食にこんなに気を遣ってる航空会社、

私は久々です。

ヨーロッパには、

あんまり行かないので、

そう感じたかもしれませんが、

数年前には、

アイスランドへスカンジナビア航空で行ったり、

フィンランド航空、

KLMオランダ航空は利用したことありますので、

経験が皆無なわけではありません。

フランスは食文化がすごいからね〜と

いう話が参加者の間から出て、

フランスだとこの程度でないと許されないのか?

新潟のホカ弁の白飯はとても美味しいのと一緒か?

と思いました。

期待してなかったのもありますが、

機内食でこんな風に予想外の展開は初めてで、

つい書いてしまいました。

ニューカレドニア、

今年の11月にフランスから独立するかもしれなくて、

今、現地のニュースでは、話題になっていました。

なので、独立したら変わってくるかもしれませんが。

南の島の航空会社だと思ってたら、

フランス感たっぷりで、

快適だったエアカラン。

またいく機会があったら、

エアカランを選びます。


この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。