9月28日(金)イベント開催! タンザニアサファリナイト

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年以上連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:9月28日(金)19:00~21:00(18:45分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

モンゴル ネット環境事情 南ゴビは街のそばのみ

モンゴル ネット環境事情 南ゴビは街のそばのみ

モンゴルに来てから、

SIMカード入れました。

ウランバートルやテレルジは、

バリバリ届いていて、

全く問題なく使えます。

しかし、南ゴビは予想通り、

電波は時々入る程度。

砂漠の中のツーリストキャンプでも、

入るところはあるらしいのですが、

住んでる人が、

電話を使うにしても、

窓に携帯電話を貼り付けて使ってるほど、

電波も微妙な入り方らしく、

ネットなんて、

使えないだろうと思ってはいましたが、実際そうでした。

でも、車での移動中、

少し高い場所に行ったり、

街に近づくと、

突然入る!

携帯電話がベストのポケットで、

ぶるっとして気づく。

メールが突然届きます。

どこで入るかわからないから、

機内モードにするのもやめました。

携帯電話を手で上に投げて、

「電波はいれー!」

とやると本当に入ることがあるらしく、

久々にそれを本当にやっているのを見たと

笑いながらガイドに聞きました。

私は、動物など望遠レンズが必要なもの以外は、

iPhoneXで写真を撮影し、

それをSIMフリーの海外用携帯電話として、

最近、使い始めました。

テントやゲルキャンプ生活では、

宿泊先で充電が出来ないので心配し、

充電池(4回分)も持っていきましたが、

車での移動中での充電でもかなりカバーでき、

充電池も使いましたが、ストレスなく使えました。

USBのケーブルさへあれば、

充電出来る環境でした。

デジタルカメラの電池は、

予備2つで事足りたので、

充電しませんでしたが、

するためのものはありました。

南ゴビまで行くのを嫌がる運転手が多いと

今回知りました。

道は、未舗装路でダートの場所もありますが、

それほど酷い道では無いと感じましたが、

南ゴビでは、岩が所々あり、

パンクも2回しました。

手早く直すドライバーに感心しましたが、

そういうドライバーでないと、

南ゴビには来れないんだろうと。

そして、辺鄙な場所にくるドライバーなら、

充電機器は、充実させてるんだなぁと、

思いましが、

実際には車が出発する前に、

改めて確認するのがベストだと思いました。

街を通る間、

岩山の上で、

Facebook投稿したり、

メール送ったり、

なんだか、いつになく楽しく、

ワクワクしながらネットに繋がりました。