ニューカレドニアの旅 意外にフランス語しか通じない

成田からヌメアへの直行便で、

ニューカレドニアに到着すると、

深夜着のため、ホテルに着いたらもうAM1時過ぎていた。

三つ星ホテルだったけど、

チェックインした際に全く英語が通じなかった。

部屋から部屋への電話のかけ方を聞いただけで、

難しいことじゃなかったんですが。

夜間の時間担当の人だからかなぁとは思ったのですが、

その後も、結構通じないことが多い。

レストランで、レセプションで。

ちょっとしたことが、通じない。

ゆで卵がなくなったから追加を依頼した時も通じず、

フランス語のできる参加者にお願いしました。

レセプションで、レストランの営業時間を聞いた時も、

ワンクッションあって、

聞いた人の隣にいた人が答えてくれたので、

本当にフランス語が基本の国なんだと認識。

スペイン語圏のチリに初めて行った時の感覚。

ホテルでは通じるとガイドブックにはあったものの、

レストランで、通じない人に当たり、かなり苦戦。

絵も描いたりして、なんとかしたけど、

それ以後、そういう国に行く時は気をつけるようになりました。

ニューカレドニア、フランス語圏だけど、

もう少し、英語が通じると勝手に思っていました。

私の行く国でフランス語が必要なのは、

マダガスカルなんですが、

マダガスカルより英語が通じない感じです。

行く時には、そのつもりで行くとビックリしないでしょう。

5つ星ホテルとか、

海岸近くの観光エリア中心にあるホテルだったら、

また違うのかもしれませんが。

日本にもっと近いフランス語圏の国でしょうか?

フランス語、使いたい方におススメです。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。