世界に旅して20年 私の荷物のパッキング方法

世界に旅して20年 私の荷物のパッキング方法

小さいスーツケースによくそんなに入っているわね、

と言われることが多く、不思議がられるので、

全公開します。恥ずかしいのもありますが。

最近行ったばかりのニューカレドニアの荷物なので、

かなりすっきりしてます。

40㎝×55㎝×20㎝の国内旅行サイズ、機内持込み可能なサイズのスーツケースです。

ざっくり、何が入っているか説明すると、

左側の部屋は、

バードウォッチングに使うための三脚、望遠鏡(白い袋)、

雨具(オレンジの袋)、下着セット(右下の袋)

グレーの防水バッグ(水、酒)がメインの荷物です。

望遠鏡は精密機器なので、

壊れないようするため、

隙間を埋めるように、

携帯用タオル、Tシャツ、フィールドで図鑑を入れるための肩掛け布カバン、

などが写真では既に入れてあります。

右側はふたの部分なので、

深さはあまりなく、

薬セット、

カメラ、パソコン、携帯の充電用のセット、

洗面道具、

ガイドに頼まれていたお土産(茶色い袋)です。

フリーで仕事をするようになってから、

特に荷物を小さくする様になりました。

5年位前にもともとの腰痛がかなりひどい状況となり、

カイロプラクティック、ヨガ、マッサージなどいろいろ努力しつつも、

荷物が重いのは体に悪い、

せめて自分の荷物だけでも軽くしよう!と心底思いました。

自分の荷物が重いとそれだけでも大変だからです。

これ、なぜ早く気付かなかったのか?

と思うくらい荷物の取り回しが楽になりました。

私の旅は、どの国に行っても、

することは自然観察でメインの荷物は変わりません。

後は、暑い国、寒い国による衣類だけです。

上の写真には、衣類の袋は写っていません。

左側の部屋の隙間に、衣類の袋を入れます。

衣類は、思いのほかかさばるのと重くなります。

ツアー中に着るものは、

およそアウトドア製品で軽くてかさばらないものですが、

それでも、重くなるので、枚数も厳選します。

また、手持ちでも着替えは一組手元にもつので、

全ての着替えはスーツケースに入れません。

私の旅先は、先進国でないことが多く、

直行便で行けない国がほとんどで、

一回乗り継ぎがあるのは、普通です。

乗り継ぎの際に、荷物が行方不明となり、届かない可能性もあるので、

着た切りスズメにならないよう、

手元に着替えを持つのです。

一組あれば、何とかなります。

辺鄙な国の地方空港等では、スーツケースが雨ざらしにあったり、

隣の荷物から液体が漏れたり、

乾燥したエリアを長時間車で走ると、

スーツケースの中身まで砂っぽくなるので、

全てのものは、軽い防水バックに入れ、

液体や砂埃の侵入を防いでいます。

自分で持っていく液体物は、

ダイビングショップで販売されている、

しっかりした防水バッグに入れて持っていきます。

旅先で仕入れたラムなどは、帰りはこれに入れて持ち帰ります。

行き先は違えども、

どこに行ってもすることは大きく変わらないので、

このサイズでもなんとかなるという事を学びました。

不要なものは、持っていくことができないので、

持ち物がシンプルになりました。

スーツケースのサイズが決まっているので、

必然的に荷物を減らすことになります。

それでも、

仕事に必要な物以外で

自分がリラックスするために必要な物、

お酒、サンダルは、寝る時の肌触りのいいTシャツは、入っているのでストレスはありません。

このスーツケースで、

14日間タンザニアに行ったのが最長です。

でも、タンザニアは暑い国なので、わりに楽でした。

アラスカに行ったときの方が、防寒具がかさばり、

本当に全体重を乗せて、ふたのチャックを閉めました。

スーツケースはドイツ製のリモワですが、

この小さいスーツケースは、

一度も壊れたことがなく、強いです。

リモワだから強いというわけでなく、

小さい分、荷物が重くなりすぎないから壊れない気がします。

大きなスーツケースをリモワで他に二つありますが、

どちらも修理をたくさんしました。

大きいスーツケースが二つあるのは、壊れて修理するのに間に合わないので、

二つになった位、よく壊れました。

荷物が重いせいで、壊れやすかったのでしょう。

それでも規定以内の23キロ未満、

20キロ以上は重くて自分が大変なので、

20キロ前後が多かったと思いますが、

車輪も、ボディも、ファスナーも壊れました。

何度も壊れました。

「サルサエア」というリモワの最軽量シリーズのスーツケースは、

旅に行くたびに壊れ1年と少しで修理不能とされ、戻ってきませんでした。

辺鄙な国の空港で、よく投げられるせいもあると思うのですが、

私は、最軽量のスーツケースは買ってはいけないとその時学びました。

写真のスーツケースは、もともとは国内用ツアーに買ったのですが、

ただいま大活躍中で、毎回約13~14キロです。

2輪で、斜めにしないと持てないので、

手がかなり疲れるのと、

三脚と雲台を外して入れないと入らないので、

そろそろ新しいのも物色しようかなぁと。

スーツケース以外にも、写真の様にザックとカバンがあります。

そちらの荷物についてはまた今度、書きますね。

参考になりましたら、幸いです。