南アフリカは多言語 英語 アフリカーンス語 ズールー語 旅では言葉・文化・人種の違いを肌で感じる

南アフリカは多言語 英語 アフリカーンス語 ズールー語 旅では言葉・文化・人種の違いを肌で感じる

南アフリカにここ7年くらい毎年、行っている。

おかげで、いろいろなことを知る機会がある。

面白いというか、興味深いなぁと感じたことを少し書きたいと思う。

南アフリカってざっくりどんな国?

南アフリカは、アフリカのリーダー国であり、先進国。

基本的にインフラは整っているので、快適な場所にいれば、ヨーロッパの様でもある。

貧富の差が激しい、というのはよく聞くと思うが、本当にそうだろうと思う。

外から眺める、見える部分しかわからないので、肌感覚でしか言えないけど、すごそうというのは感じる。

日本と同じようなものが売ってるし、同じ街並みもあるけども、その一方、そうでない人たちもたくさん見かける。

アフリカでは一般的だけど、することがなく建物の前で立っている、座っている人などよく見る。

お金を稼ぐ手段がない感じ。

酔っている、または精神が壊れている、またはどっちもの人が道を歩いていることもある。

たくさんはいないけど、助手席に乗っていると、車に乗っていて近づいてくる人はいつもよく確認する。

ガイドも私に注意を払うよう指示を出す。

それで、その度に学んだ。

ここでは、何をしてはいけないとか、何に気を付けるとか。

人のいない場所でバードウォッチングしている分にはいいけども、探鳥地に行く間に人のいる村を抜けたりする際に、垣間見たりすることはある。

町のレストランに入っても、そこだけ、檻とは言わないが鉄柵で囲まれていて、別世界になっていたりする。

黒人のお客さんは一人もいなかった。

法律的には、アパルトヘイトが撤回され、平等なんだけども、やっぱり色々問題は深いよう。

南アフリカは、どうして多言語なのか?

アフリカーンスは、アフリカに移住した白人系の人が話す言葉。

黒人の人は、アフリカーンスは基本使わず、英語を話す。

今回滞在していた東部のクワズルナタール州は、ズールー語を話す。

みなさん、いろいろ話せるのが普通みたい。

人にもよるだろうが、泊まった宿の白人の主人が、英語はもちろんのこと、メイドさん達にはズールー語でバリバリと指示を出している。

学校でも授業があるらしい。

小さな町で、ランチを食べた時に給仕をしてくれた中学生くらいの男の子は、ズールー語は嫌いと。

口の中がぐちゃぐちゃする、みたいなことを言っている。

でも、勉強してる日本語を使う絶好のチャンスを活かして、一生懸命使っていて、可愛かった。

ズールー語ってどんな言葉?

口の中で位置を変えて、舌打ちするような、チェっというような音が3音ある言語です。

その変な音を出してから、母音をつけて延ばすとか、口の使い方が、わけわかりません。

毎回、ガイドはやって見せてくれますが、私にはできそうにはありません。

でも、今回あいさつだけ、次回は言えるようになろうと、メモしました。

サゥボーナー  ==> こんにちは!

ンジャーニー  ==> How are you?

ニャボンガ ガクール ==> Thank you!

これくらいは使えないと、田舎のお店では物を売ってくれないよとも聞きました。

自分の言葉を大事にしていて、外国人だったら教えてくれるそうで、

それで、覚えてズールー語を話さないと売ってくれないと。

す、すごい、ですよね。

誇り高いというのか、私にはまったくよくわからない感覚だと。

歴史的背景があるのかもしれないですが。

そこまで、自信のあること、誇りに思えることが、自分にあるかなぁとぼんやり思いました。

あいさつはズールー語

ガソリンスタンドで働くのは黒人の人たちでした。

そして、最初のあいさつは、必ずズールー語。

そのあと、突然、英語に切り替わる。

それが不思議に思えてガイドに聞いたら、挨拶は必ずズール語とおそわりました。

みんなそうすると。

多民族で、摩擦を少なくするための方法なのかもしれない。

なんとなく、ガソリンスタンドに入ると、いつも緊張感を私は感じるけど。

それも段々慣れてきた。

なんだか、馴れ馴れしい感じがする人は、日本人にはそういうタイプがいないので、違和感を感じやすいけど、大抵、気のいい人なんだともわかるようになってきた。

文化が違うので、そして言葉も違うし、体の動かし方・使い方が全然違う。

なかなか、言い表しにくい。

アフリカにまだこんなに来る事がなかったころ、生理的に、黒人の人が怖いと思ったこともあったけど、それは慣れていなかっただけ。

本当に怖いことは、気を付けてさへいれば、そうそう滅多に起こらないと思う、相手がプロの場合もあるかもしれないから、なんとも言えないけど。

アフリカって怖くないのか?

家族にアフリカに行くことを反対されて、旅に行けないという話を時々耳にする。

その反対したくなるご家族の気持ちもわかる。

わからない国のことは、わからないが故に怖いですよね。

行けと言われて、2001年に初めてアフリカ大陸、南アフリカに行った際の私の乏しい知識は、アパルトヘイトがあった国、

英語が母国語だけど、アメリカやイギリスと違うというくらいでした。

旅行業のことも、世界の鳥のことも、外国人とコミュニケーションをとることも、

何ひとつわかっていないまま来たので13日間の旅は、現場で本当に泣きそうだったし、修行のような毎日でした。

今でも、思い出せます。

人種差別も初めて、はっきりと受けたし。

いま思うととてもいい経験でした。

多様性が世界なんだと

アフリカに来たら、カルチャーショックがあるのは間違いないでしょう。

私は初めて来たとき、南アフリカでミッシングチルドレン、誘拐した子を返して!というテレビコマーシャルとポスターを見て、そうとう驚きました。

他にも、いろいろ。

でも、南アフリカ好きです。

アフリカの生き物が好きです。

いつか西アフリカにも行ってみたい、と思っています。

知らないアフリカを見てみたい気がしています。