ニューカレドニア 安くて美味しいバゲット、フランスパン! 割高なもの、フルーツや惣菜

こんにちは、自然の旅 案内人のみきです!

ニューカレドニア、

南の島でイメージもいいのか、

天国に一番近い島、というキャッチコピーが効いてるのか、

知名度が高く、

行ってみたい方が多いみたいですね。

Facebookで「行ってきます!」を投稿したところ、

珍しく、行きたい! いいなぁ! という反応が多くびっくりしました。

普段は、そんなこと言われないので(笑)

現地で日本人の観光客、

ハネムーナーと思われるカップルも見かけました。

普段、私が訪れる国では、

あんまり日本人に会うことがないのですが、

ニューカレドニアは、

先進国と言っていいほど、インフラも整っているし、

しっかり観光地に見えました。

多数の言語での案内もたくさんあるし、

サバイバルな気持ちがなくても過ごせる場所でした。

水も飲めるし。

日本人に人気があるのも納得です。

ただ、先進国だけあって、

いろいろ融通は利かないので、

朝食や昼食をスーパーに何度も買いに行きました。

地元のスーパーに行くと、

いろいろなことが見えてきますが、

この国の安くて美味しいものは、パン。

いわゆる、フランスパン、バゲットが種類は豊富だし、

1本100円程度で安くて美味しい。

地べたに近い所で、無造作に置かれているのが、

日本人的には気になりましたが。

クロワッサンやパンオショコラ(クロワッサンの生地にチョコレートをはさんだパン)もなかなか、美味しい。

バゲットほど安くないですが。

高いのは、フルーツ、総菜、ハムなど。

加工品、果物など食品の多くが、輸入品だと聞いて納得ですが、

この国で作るより、輸入した方が安いからと。

ガイドブックには、

地元のパン屋さんのパンがとても美味しいと書いてありました。

スーパーやガソリンスタンでも、

美味しいバゲットやパンが安く売られているこの国、

パンの味には舌が肥えているはず。

美味しいパン屋の焼きたてパンは、見逃せないと思います!

ぜひこれから行く方はお試しを!

学生らしき人が、夕方、バゲットとコーラを夕食代わりにしているのを見て、

栄養的には全くなっていませんが、

コーラとバゲットの組み合わせが斬新で、印象的でした。

ニューカレドニアに行ったら、

バゲット、フランスパンを食べてみてくださいね!

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。