MIAT(ミアット)モンゴル航空 チンギスハーンウランバートル空港 いずれもシンプル 

MIAT(ミアット)モンゴル航空 チンギスハーンウランバートル空港 いずれもシンプル 

モンゴルに行く直行便、

成田空港から、モンゴルの首都ウランバートルまで飛ぶ、

ミアットモンゴル航空。

直行便なら約5時間。

インチョン経由などもありますが、

何といっても直行便が早くて便利で、

リスクも少ない。

初めて搭乗して感じたのは、

とてもシンプルな機材。

機内食もシンプルだけど、それなりに美味しい。

紅茶は、ティーバッグを渡されて、自分で作る。

座席配列は、3-3。

左右に3席ずつある。

5時間程度のフライトなら、

夜行便でもないので、

トイレに立つ回数も少なく、

それほど寝入る時間もないので、

人に起こされることもなかった。

到着した、空港には、チンギスハーン・ウランバートル空港とあり、

チンギスハーンで、一気にモンゴルに来た感じがした。

国際空港だけど、規模は小さく、シンプルな作り。

モンゴルミアット航空は、東京のほかに、

香港、モスクワ、ベルリン、ソウル、プサン、フランクフルトなどへ、

飛行機を飛ばしているのを機内誌で知る。

直行便は航空運賃が高いと言われますが、

モンゴルのいい季節、

観光シーズンは、

気候的に厳しい国だから長くない。

だから、ちょっとずれたら、それほど高くなさそう。

でも、自然観察をする旅は、天気に左右されるので、

時期は大切。

5月の中旬はまだ寒く、

9月の初めで既に寒いこともあるという。

行く場所によるけども、

天気が崩れたら、雪が降るかもしれない時期には、

テント泊の旅は考えられない。

普段テント泊の旅はしないけど、

この国で、縦横無尽に動こうとするとテントが必用になってくる。

経験しないとわからないという事で、

今年、試験的に実際に試してみて、

寒くなければ、テントがたいへん快適とわかる。

ツーリストゲルキャンプのある場所では、

天気が悪ければ、そちらを使うということも出来る。

かなり自由度がある、

どこにでも行けそう。

そんなことは、いままで経験したことがなかった。

よく行くタンザニアは、

轍(わだち)のない場所には、車で入っていってはダメというルールがある。

モンゴルには無い。

好きな言葉ではないけども、自己責任でどこでも走れる。

草原を走るのは、勿論、リスクがある。

見えないところに岩がありパンクすることも。

私は、車の運転はしないけども、

どこの国に行っても大抵、助手席に乗って、

運転手の運転をよく見ていることになる。

未開発国の国ほど、

未舗装で、

そして、雨で削られ、

ワンパターンでない路面、

見えない道に何があるかわからないというようなところを走る。

路面を瞬時に判断して、

よく走るなぁといつも感心する。

車とテントがあれば、どこにでも行ける自由さはすごいですね。

予定はもちろんあるのですが、

天候に応じて、臨機応変に変更していく旅ができるのはすごい事です。

話が飛びました。

モンゴルミアット航空も、チンギスハーンウランバートル空港も

特筆すべき点はあまりないシンプルな感じです。

強いて言えば、

ウランバートルの空港係員は、

ちょっと社会主義国風なにおいがして、

偉そうに荷物チェックされました。

チェックインカウンターの担当者は普通でしたが、

手荷物サイズをチェックしてる女性が、、、。

そういう目にあった空港は気を付けています。

全員がそういうわけではないことは知っていますが。

要注意ということです。

国際線は、チェックインするところから搭乗者しか入れません。

セキュリティが厳しめの空港でした。

出国してしまうと、本当に小さい空港です。

お土産屋さんもありますが、

最もいいのは本屋さんで、

ウランバートル市内のデパートに無かった、

地図や動植物の図鑑が買えました。

クレジットカードは、

今は機械が動かなくて使えないと言われましたが、

いつもは大丈夫と。

また、来ることなる空港なので、忘れないうちに書き残します。

2018年8月下旬の情報です。