季節の違う国への海外旅行後に気を付けることは何か? 日本⇔マダガスカル編 寒い国⇔暑い国

季節の違う国への海外旅行後に気を付けることは何か? 日本⇔マダガスカル編 寒い国⇔暑い国

アフリカ大陸の右下にある島国、

マダガスカルから帰国して、5日が経ちました。

暑い国へ行って、寒い日本に帰ってくると、

体に応えます。

どんな感じでどうしているの?と聞かれたので、

毎回、感じ方は違いますし、

個人差はあると思いますが、

今回の私は、こんな感じですというのをお伝えします。

眠い

とにかく眠い。

これ、ツアー後は、体力的に疲れてるのもあるし、

旅先では、あまり熟睡できないのと、

今回は夜に蒸し暑くて眠れない日もあり、

帰国後は、いつもといえば、いつもですが、

特に眠い今回。

マダガスカル北西部アンカラファンチカは、

とても蒸し暑くて、

11月に入ってからの日本は既に寒くなってきていたので、

そのギャップが大きかったせいもあります。

私は、蒸し暑いのが苦手ですが、

乾燥した暑さには、強いです。

「熱帯雨林の暑さは大丈夫です!」

という方もいるので、

単純に個人差だと思います。

行かないと気づきにくいとは思いますが、

得意な気候は、好きな国に一致することが多いので、

先祖は、そっちから来たのかなぁと思ったりもします。

ツアー後は、許される限りよく寝て休みます。

時差は、気にせずよく寝るのが得策と思います。

家族に感謝しています。

寒い

遠くて暑い国へは、直行便で、行ったり来たりすることがあまり出来ないので、

飛行機を2本、3本と乗り継ぎつつ、

空港や飛行機で長時間過ごし、

徐々に体は慣れていく気はするのですが、

帰国してすぐ外気にさらされると、ひどく寒く感じます。

しっかり着て、

寒くないようにする、

そして、体力の落ちているうちは、

あまり不用意に外出せずに、

体力がもどるのを自然に待ちます。

電車に乗ると咳している人がいますが、

可能なら避けます。

帰国直後は、特に気にしてます。

娘の学校のイベントで、

一日中外出して過ごしたところ、

夕方には鼻水が垂れてきました。

体力的に落ちているので、無理は禁物なのです。

帰国後すぐは、体力復活のため、

予定を入れずに休むことが一番と思います。

特に自然観察の旅は、普通の旅行より疲れると思います。

最近は、海外旅行も頻繁に行かれる方も多く、

慣れているから大丈夫と思っている方も多いかもしれませんが、

そんなことはないはずかと。

また、現役世代なら、

休みを取った後は、特に「休んでいられないわよ!」

という声も聞こえてきそうですが、

海外旅行後に、

帯状疱疹になったり、

大きく体調を崩して入院したりということも

現実に起きている話ですので、

体がきついなぁと感じたら、

甘く見ない方がいいと思います。

頭がぼーっとする

8日間くらいのツアーなら短くていいのですが、

10日~12日間くらいになると、

現地の時差にもすっかり慣れ、

帰国後、またその時差が抜けるのに時間がかかります。

何ともないという方もいますが、

私は、影響があります。

というわけで、

帰国直後は、まだ頭は働きますが、

その後、頭がスッキリするまで、

普段より若干ぼーっとしているので、

そんな時は、すっきりするまで、余計に気を付けます。

忘れ物、落とし物をしやすくなっている感じです。

運動して、体を使って休めた方が時差は早く抜ける気がします。

まとめ

海外旅行後は、積極的に休みましょう。

帰国後に、無理なスケジュールを入れるのはやめましょう。

きついなぁと感じたら、休みましょう。

どれも、当たり前のことですが、

実行するのは難しいので、

積極的に休みましょう!

これに尽きます。

★写真は、マダガスカルの田植え風景。5年に一度の大統領選挙の日は祝日で、一族総出で田植えをしていました。マダガスカルは暑いので、お米は2回収穫が普通で、3回獲れる地域もあります。すべて手作業の、見たことないのに、懐かしい感じの田植え作業です。