アラスカ ターナゲンパス(入江)の道路を走り、車窓からドールシープとヘラジカ(ムース)を観察

こんにちは! 自然の旅 案内人のみきです。

質問があったので、

アラスカのターナゲンパスの道路から見られたほかの動物について書きます。

アラスカは、

道路で野生動物に遭いやすい国です。

ただ、車で移動中に、自分で探していないと、気づかないでしょう。

ドールシープ

野生のヒツジで、岩場が生活の場です。

急峻な岩場、断崖絶壁にいるのをみると驚きます。

やはり、事故もあるのか、写真の個体は足をケガしていますね。

雄は、ぐるぐると巻いた特徴的な角を持ちます。

雌は短い角で、角が無いのは、子どもです。

グレーの岩場に白い体は目立つといえば目立ちますが、

そこそこ距離のある岩場が多いので、

案外気づきにくいです。

写真を参考にして、

似たような環境で、

上を見て探してください。

群れでいることも多く、

群れだと気づきやすいです。

見つけた後、車から降りて多少近寄っていっても、

ドールシープは、そのままとどまっていました。

騒いだりしなければ、少しは見せてくれるでしょう。

こちらを気にはしていますが、

岩の上と下という距離があるので、

安心している気がしました。

でも、手早く観察するのがおすすめです。


ヘラジカ(ムース)

ターナゲンパスの道路わきには、

野生動物が移動の際に使えるようにと、

道路と同じくらいの幅で、

緑の場所が残されています。

そこを移動していたムースの親子に遭遇。

その年に生まれた子供2頭と母のムース。

ムースは、肩までの高さが約2メートルあるので、

かなり大きい動物です。

アラスカのアンカレッジ空港に、

雄のヘラジカの剥製が飾られていますが、

毎回その大きさに、驚きます。

ヘラジカは、ここの道路でなくても、

突然出てきた個体に、遭遇したことがあります。

雌のヘラジカ、若い雄のヘラジカだけですが。

移動しやすい場所は、野生動物もよく使うので、

見るチャンスがあるのでしょう。

ただ、突然出てくると、かなりびっくりするので、

レンタカーで、自分で運転していかれる方は、気を付けて!

関連記事を読まれませんか。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。