ミミヒダハゲワシ(Lappet-faced Vulture) ハゲワシは気持ち悪いですか?

アフリカで最大のハゲワシ ミミヒダハゲワシ

サハラ砂漠より南のアフリカに、ハゲワシの仲間は9種生息していますが、その中でも最大種のミミヒダハゲワシです。

顔に毛がなく、皮膚がそのまま出ているので、気持ち悪いと言われる方も多い鳥です。私は好きですが。

タンザニアでは、通常、4~5種ほどのハゲワシの種類を見ますが、その中でも大きく、迫力ある鳥です。肉食動物の食べ残しに群がるハゲワシですが、このミミヒダハゲワシがあとから到着すると、コシジロハゲワシやマダラハゲワシなどの体の小さい種は黙っていてもどけています。

今回は岩の上でつがい(ペア)でいるのを見ました。一羽でよりもペアで観察することの多い種です。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。