10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

2018夏の思い出 モンゴル編 その6 テレルジからウランバートルへ

2018夏の思い出 モンゴル編 その6 テレルジからウランバートルへ

旅の実質的な最終日。

明日は日本に帰るだけだから。

テレルジで、

朝ごはん後、

裏山に出かけ、

黒曜石を探して喜び、

花をみつけて、楽しむ。

天国みたいと。

途中のオボーで、

カザフスタン人が、

猛禽を見せていた。

ここは大陸なんだと感じる。

ウランバートルで、恐竜博物館に行き、

最後の総仕上げをする。

学芸員の説明をもっと聞きたい!と思う。

次来るときはもっと、

理解してから再訪したい。

最後に打ち上げ。

ドライバーさん、コックさん、ガイドさんとわたし達みんなで。

途中話題になった、

モンゴル人が、一番美味しいという羊のお尻の脂を食べる。

ホンモノは、こんなもんじゃないんだろうと思いつつ食べる。

楽しい旅が終わってしまった。

旅は出会いと別れが繰り返されるけど、

久々に本当に寂しい気持ちになった。

最終日、荷造りしながらのメンバーとのおしゃべりも楽しかった。

民泊、ゲルキャンプ泊、テント泊ありのモンゴルの旅、

いつもと全然違ったけど、

自然への旅はいつも楽しい。