広尾にある日本初のフランス菓子専門店 ルコント Leconte

広尾にあるマダガスカル大使館に

ビザの申請で訪れ、

その日、人のお宅におよばれしていたので、

何かいい手土産はないかなぁと、

探してみつけたお店です。

日本初のフランス菓子店だそうで、

今年は、50周年記念!

おめでとうございます。

店内が、50周年ディスプレイしてあって、

それがフランスっぽい。

最近、フランスづいてます。

ネズミとスワンのシュークリーム

に魅かれました。

こういう形のもの、

ありそうであまりみかけません。

来店した時、

まだショーケースにケーキを並べているような時間帯でしたが、

作ってる数は少ないようです。

私が一匹と一羽買ったら、

もうネズミは7匹いないようでしたので、

お店に早く来るか、

予約した方がいいのかもしれません。

4つ買うのに、

ネズミ2匹、スワン2羽じゃ味気ないので、

他におすすめを聞いたら、

アルコールがダメでなかったらと、

サバランを、

そして季節のケーキで、

モンブランを、

と言われるので、

そのままお買い上げ。

きれいに包んでくださって、

お土産にぴったり。

こういうのって、楽しいです。

ランチをご馳走になって、

その後に4人でジャンケンして、

好きなものを選んで食べました。

私はモンブランを。

マロンクリーム美味しかったのですが、

フランス菓子だけあって、

私には重めでした。

クリームとか、あんまり得意でないので、

量が多く感じました。

サバランはかなりお酒がヒタヒタで、

一口もらったのですが、

初めて食べましたが、びっくりでした。

ネズミのシュークリーム、

顔が描いてあって、

子供の頃、顔が描いてあるケーキは食べられなくて、

とっておくと言って残して、

結局食べられなかったのを思い出しました。

ビザの受領時に、

ネズミとスワンを予約しておこうかなぁと、

どんな味かなぁと気になっています。

店内でも食べられます。

こういう形のケーキに魅かれる方、

お試しください!

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。