10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

気ままに写真集 タンザニア アルーシャ国立公園

気ままに写真集 タンザニア アルーシャ国立公園

キリマンジャロ空港に、

そしてアルーシャの町に、

最も近いサファリの出来る国立公園。

こじんまりとしているし、

大型肉食獣があまりいないので、

(そうはいっても、ヒョウと、サーバルに遭遇したことはあります。)

地味な国立公園といえるでしょう。

でも、肉食獣がいないということは、

草食動物たちがのびのびしているという事で、

北部タンザニアのエリアでは、

キリンは最も見やすい公園ですし、

イボイノシシやホロホロチョウものんびりしています。

ウォーターバックというウシの仲間も、

もっとも近距離で見やすい場所です。

そして、忘れてはいけないのが、

シロクロコロブスというサルで、

唯一この公園でのみ観察しやすい動物です。

数回に1回くらい、見損ないますが、

社会性のあるサルで、

群れに遭遇すれば、

よく見られるチャンスも大きいのですが、

会えない時は、それまでです。

午前中早い時間なら、

雨降って霧が濃かったり、

雲があつくない限り、

キリマンジャロ山がよく見える公園で、

山の朝焼けが大変美しい公園です。