12月22日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。あなたの旅の疑問にもお答えします。

内容
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)からいくつか旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

  • 開催日時:12月22日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

東アフリカ・タンザニア アルーシャ国立公園サファリで見たもの 2019.1.30 Arusha National Park

東アフリカ・タンザニア アルーシャ国立公園サファリで見たもの 2019.1.30 Arusha National Park

サファリのイメージは、どんなふうに描いているだろうか。

朝サファリカーに乗って出発して、

サファリパークの様に、

鳥や哺乳類が、

は~い!と、

出てきてくれるわけではない。

ぼーっとしていても見られるものもあるけど、

それなりに探す必要がある。

なぜなら動物たちは、

隠れるのが得意だから。

動物は公園内で生活していて、

その場に踏み入ってるわけで、

こちらに気づくと逃げることも多いけど、

気にしないこともある。

同じ場所で似たような動物に出会えることは多いけど、

全く同じという事はない。

今回出会えて、撮影ができた動物を一挙公開!

 

 

 

 

 


朝から昼までの、およそ4時間強のサファリ。

この写真は、オリンパスのOMD EM1 MARKⅡに300㎜の望遠レンズを付けて撮影。

フォーサーズなので、600㎜レンズに相当。

もっともっとたくさん見てはいるけど、撮影は難しい。

風景は、iPhoneなので、また今度。