ナミビア・エトーシャ国立公園でのサファリは水場がおもしろい

クロサイの母と子

ナミビアを代表する国立公園の一つにエトーシャ国立公園があります。国の北部に位置するため、ほぼ中心に位置する首都のウィントフックから、まっすぐ行っても一日はかかります。

この公園の魅力は、公園の中に水場が、大きいのから小さいのまで、複数あることです。その水場に大型哺乳類が集まってくるので、生き物を大変見やすいのです。

アフリカゾウが、列をなして群れで歩いてきたリ、大型の草食動物のオリックス、クドゥなど、東部アフリカにはいない動物が見られます。

そして、夕方の動物がよく動く時間帯に水場でしばらく待っていると、入れかわり立ちかわり、さまざまな生き物がやってきます。ハイエナ、クロサイ、キリン、ダルマワシなど、大型の猛禽が飲みに来ているのをみたこともあります。公園が18時にクローズするので、門限がなければ、日がとっぷりと暮れるまで、水場にいたいと気持ちになるのですが、いつも行かざるをえなくなります。

この水場に動物が集まってくるのは、他に水が無い時だけです。雨が大量に降った直後は、どこもかしこも水があり、動物たちは自分たち周辺の小さな水場で用をたし、大きな水場にはわざわざやって着てはくれません。人のいる水場にわざわざ来るのは、他に水のある場所がないからです。

水場があれば、見やすいのは間違いないのですが、水場があるから見られるというわけではないのが、自然観察の難しいところかもしれません。当たりも、ハズレもあるのが、アウトドアでの自然観察です。

写真のクロサイは、母と子です。なぜわかるかというと、この後、雄のクロサイが現れ、緊張の一瞬があったからです。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。