イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

雨具が重要なのは、その時、心が折れやすい時だから 

雨具が重要なのは、その時、心が折れやすい時だから 

アウトドアを始めたら、大事なモノの一つに、雨具があります。ピンキリですが、上下が分かれたセパレートタイプのものは、1万円以上する高価なものなので、初めて買うのに躊躇する気持ちはよくわかります。

かくいう私も、学生の頃に、ゴアテックスが出始めていましたが、高いので散々悩み、型落ちのゴアテックスの雨具を半額位で手に入れてとても嬉しかったのを、よく覚えています。

雨降ったら、野外観察しない、という方法もありますが、天気だけはどうしようもないので、用意をしたほうがいいです。訪れた場所が国内でも海外でも、そこに行くのに使った時間やお金を考えたら、絶対に用意していくべきです。

なぜなら、雨が降っている時は、気持ちが落ちるからです。ご案内している立場上、自分は、雨が降るとスイッチが入ります。「盛り上げないと!」と。でも、全体的に雰囲気が暗くなります。

でも、かなりザーザー降られると、バードウォッチングの時は鳥も動かないので観察しにくくなるし、トレッキングの時は足場も滑って危険なので、少し待つか、それでも行くかどうかの決断を迫られます。

「こんなに雨降っているけど、どうするの?」という気持ちがひしひしと伝わってきます。でも、雨が降っていようが、雷などの危険が無い場合など、行動するときは行動するのが、自然観察です。もちろん、部屋で休む選択するのもOKです。でも、雨だからこそ、見える生き物との出会いもありますので、いいこともあります。

で、そんな時に大事なのが、雨具なのです!

最近の化学繊維の進歩は、本当に目まぐるしく、年々新しいものが出ています。毎年追いかけるわけにもいきませんが、お手元のものがかなり古いなら、新しいのに替えるのもいいかもしれません。

雨具の選び方

その時のポイントです。自分のお気に入りの雨具を選んでください!そしたら、雨具を着るのが楽しくなるので、雨が降っても、気持ちが落ちません。新しい服、好きな服着る時はうれしいですよね。

だから、決して急いで適当に買わないほうがいいです。一回、買ったら使う頻度によりますが、結構もつからです。

そして雨具の色ですが、今後、自然観察の旅に少しでも行こうかなぁ、行きたいなぁと思っている方は、目立たない色、赤、黄色、オレンジなどの登山時に遭難した時に目立つ色でなく、緑、茶、紺などの自然に優しい色をおすすめします。赤、黄色、オレンジなどは鳥や動物にとって目立つのです。

自然に優しい色の雨具なら、町でも使いやすいです。台風や最近多い突発的な豪雨はもちろんのこと、多少の雨なら雨具を着てしまえば、気になりません。アウトドア用品は、かなり使えます。

気持ちが落ちそうな時こそ、自分の好きなものに囲まれていると、元気がでると思うのですが、皆さんはいかがですか。