イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

洋書を買うときはサイズに注意しよう! 大判サイズに驚くことが

洋書を買うときはサイズに注意しよう! 大判サイズに驚くことが

世界の鳥や動物の本は、日本語の本ではないので、洋書を購入する機会が多いです。

最近はアマゾンを利用すれば、洋書も簡単に購入できるので、本当に楽になりました。

しかし、洋書がゆえに、失敗も多いです。

届いてみたら、大判の本だった、ということが結構多いのです。

日本の書籍の値段の感覚、経験値の高い海外の鳥の図鑑を買っている感覚で、海外の哺乳類の図鑑を選び、サイズを見落とすと、到着した時に驚くことになります。

写真の本も、やってしまいました。通常の本のサイズかと思いきや、リモコンサイズより大きい本でした。しかも、動物の絵のページは数ページしかなくて、もしや全部文字の本だった?と。(それはなかったのでセーフでしたが)

本を選んでいるときは、説明書きは読みはしますが、それほど熟読しているわけではないので、こういうことが起こります。失敗した直後は、サイズもチェックするのですが、しばらくたつとまたやってしまいます。

洋書の本は、日本では適切なものがなく選んでいるので、必要に迫られ打つ博打ですが、これも失敗を重ねてうまく選べるようになるのかなぁと考えています。

※写真の図鑑は、新熱帯区の動物の図鑑です。国名でいうと、エクアドル、ボリビア、ペルー、ブラジルの哺乳類が全種記載されています。厚さが4㎝もあるのですが、絵のページは19枚でした。