モンゴルでのテントキャンプ生活をしてわかったこと

海外で宿泊がテントというのは、

今回のモンゴルまで、

自分には経験はなく、

自分の経験していないことは、

事前に考えうる限り、質問していても、

詳しく説明出来ないし、

細かいことは質問されてもわからない。

経験値に勝るものはない。

かなり心配していたテント生活だけど、

体験してみたら、

至れり尽くせりのテントキャンプ生活は、

快適すぎて、

「日本に帰ってからが困るね。」

と参加者と笑った。

モンゴルでは、テントを持っていると旅の自由度が上がる。

車でどこにでも入れて、どこにでも泊まれるから。

アウトドア経験値の高いモンゴル人ガイドは、

テントでの生活も、いかにすればいいか、

心地よく快適なのか、

心得ている。

食事もコックさんがいて、

とても美味しい。

テント生活に自分が慣れないが故に失敗はあった。

朝方、4時半に動物が鳴いたので、

一気に目が覚め、

ライトを探した。

強力な懐中電灯を持って直ぐに見に行こうとした。

でも、昨夜はあった懐中電灯が見当たらない。

昨日寝る前に、それなりに並べたつもりの様々な道具は、

双眼鏡と懐中電灯を探すので、

あっという間に、ぐちゃぐちゃに。

結局、懐中電灯はみつからず、

テントも夜露で湿ってすぐに開かず、

お陰で見逃してしまった。

もう一晩キャンプなので、

今度こそは、夜間観察用のライトをすぐ手の届くところにおき、

いざという時、すぐに外に出たい。

昨日は夕食時に、フクロウが飛んできた。

キャンプ生活すると自然や生き物との距離が近い。

当たり前なのかもしれないけど、

今、モンゴルで実感しています。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。