9月28日(金)イベント開催! タンザニアサファリナイト

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年以上連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:9月28日(金)19:00~21:00(18:45分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

モンゴルでのテントキャンプ生活をしてわかったこと

モンゴルでのテントキャンプ生活をしてわかったこと

海外で宿泊がテントというのは、

今回のモンゴルまで、

自分には経験はなく、

自分の経験していないことは、

事前に考えうる限り、質問していても、

詳しく説明出来ないし、

細かいことは質問されてもわからない。

経験値に勝るものはない。

かなり心配していたテント生活だけど、

体験してみたら、

至れり尽くせりのテントキャンプ生活は、

快適すぎて、

「日本に帰ってからが困るね。」

と参加者と笑った。

モンゴルでは、テントを持っていると旅の自由度が上がる。

車でどこにでも入れて、どこにでも泊まれるから。

アウトドア経験値の高いモンゴル人ガイドは、

テントでの生活も、いかにすればいいか、

心地よく快適なのか、

心得ている。

食事もコックさんがいて、

とても美味しい。

テント生活に自分が慣れないが故に失敗はあった。

朝方、4時半に動物が鳴いたので、

一気に目が覚め、

ライトを探した。

強力な懐中電灯を持って直ぐに見に行こうとした。

でも、昨夜はあった懐中電灯が見当たらない。

昨日寝る前に、それなりに並べたつもりの様々な道具は、

双眼鏡と懐中電灯を探すので、

あっという間に、ぐちゃぐちゃに。

結局、懐中電灯はみつからず、

テントも夜露で湿ってすぐに開かず、

お陰で見逃してしまった。

もう一晩キャンプなので、

今度こそは、夜間観察用のライトをすぐ手の届くところにおき、

いざという時、すぐに外に出たい。

昨日は夕食時に、フクロウが飛んできた。

キャンプ生活すると自然や生き物との距離が近い。

当たり前なのかもしれないけど、

今、モンゴルで実感しています。