結婚19年目にして初めて話せたと言われた夜 余裕が出来て初めて受け取れた

新元号が「令和」と決まった昨日4月1日、

「結婚記念日って、1日だっけ?2日だっけ?」と今年も夫に聞いた。

いつもわからなくなる。

それで、2000年の4月2日に結婚して、本日19年目を迎えたんだと確認。

でも、いままで特別な結婚祝いなど、全くなくて淡々と毎年過ごしてきた。

入籍した日が結婚記念日なのか?

結婚式の日が結婚記念日なのか?

で結婚当初に喧嘩した。

そのせいで、いつが結婚記念日なのか本当にわからなくなった(笑)

日にちなんて、どうでもいいかとも思う。

結婚した周辺は、年度末で、引っ越しもあり、

仕事が最も忙しい時期に向かう前で忙しくて心に余裕がないし、

公司共に忙しすぎて、キャパオーバーで、本当にあまり記憶がない。

どこに、婚姻届けを出したかの記憶が二人とも欠落している。

夫は他にも卒業と、就職が同じタイミングでもっと大変だったからなおさらで、

波乱含みな新生活がスタートした。

そして、今夜。

私は、ジムから帰って急いで夕食を作る間、

夫と久しぶりに話をした。

娘はテニススクールに行っていて不在。

彼が愚痴を言うのは、珍しい。

そもそも2人で長く話すのが珍しい。

料理しながらもあって、

私は少しお酒も入っていて、

彼の話を聞いていた。

口を挟まずに、聞いていた。

そしたら、

「最後まで話せたのは、初めてな気がする。」と言われた。

「いつも途中で、君も話しだして、君の話になったからねぇ。」と。

「こんなこと、こんなに長く話したこと今までないんじゃない?」と私。

「いや僕は話していたよ。君が、最近、ストレスないから、僕の話を聞けるようになったんだよ。」と。

確かに、思い当たる節はある。

夫から、仕事の愚痴を聞かされると、

私も不幸自慢するかのように、対抗して話した記憶はある。

それじゃぁ、夫は話せなかったはず。

「19年年目にして初めて話せた。」と目を見ながら言われたけど、

本当にそうだなぁと。

こんな風に話す機会が持てて、

こういう状況になれてよかった。

昨日は、想像しなかったところに来た。

すごろくが一つ進んだ気がした。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。