12月22日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。あなたの旅の疑問にもお答えします。

内容
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)からいくつか旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

  • 開催日時:12月22日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

中南米のスペイン語圏への旅 英語をリクエストしてみよう

中南米のスペイン語圏への旅  英語をリクエストしてみよう

メキシコシティ行きのフライトに、

アエロメヒコ航空で搭乗すると、

メキシコの税関申告書、兼入出国カードを配られる。

書くことは、

大きく2つ、

一般個人情報とトリップサマリー。

一般個人情報は、

名前、

国籍、

男女、

搭乗フライト、

パスポート情報、

メキシコでの住所(乗り継ぎの人はTransitと書けばいい)

とすぐ書けるもの。

トリップサマリーは、

旅の目的、来た手段、到着日のほか、

食品の持ち込みの有無のほか、

持ち込み現金の金額を書く欄まであり、

難しくないけど、

読んで内容を把握してチェックするべきところ。

普通にスペイン語の用紙を配布された。

だいたいどの国も出入国の際に聞いてくることは一緒で、

推測しながらチェックしていたけど、

初めての国だし、

万全をきしたいし、

申告に対して海外では責任が強く問われることもあるので、

英語のフォームをアテンダントに依頼したら、

すぐ持ってきてくれた。

申告書等は必ず英語のフォームがあるので、

わからない言語なら、英語のものを依頼しよう。

南米に行くと、

スペイン語圏が多いので、

スペイン語がわかることが前提で、

話が進むことがあるが、

英語じゃないとわかったら、

臆せず、

「イングレス プリーズ!」と言おう。

空港やホテル等なら、

すぐ切り替えてくれる。

スペイン語で何を話してるか推測できることもあるけど、

英語だとよりわかるはず。

私と語学の関係

私は、海外を旅する仕事をしてますが、

留学経験もないし、

英語を使うのが得意ではないので、

いまでもストレスフリーには話せませんが、

それでもスペイン語圏に行くと、

まだ英語はわかる、よかった!

といつも思う。

そして、スペイン語も少し練習しようと行くと毎回思いますが、

なかなかそこまで到達しない。

語学大好人間の友人には、

「どうして南米そんなに行ってるのに覚えないの?」

と全く理解出来ないみたいですが、

何ヶ国語も話せる方が、

そもそも普通でないと最近やっとわりきれ、

語学とは無理しないで付き合うときめたので、

少しは頑張りますが(笑)

他にも毎回覚えることはたくさんあるので、

これからもぼちぼち行くでしょう。

ここだけ!

1 スペイン語のフォームを渡されたら、英語のフォームをリクエストする。

2 中南米でスペイン語で話しかけられたら、「イングレス プリーズ」と言う!