【おすすめ書籍】西表島自然観 ぎょぶる特別編集 在庫わずか

生き物がお好きならば、とっても楽しめる本だと思いましたので、ご紹介します。

どんな人にぴったりかというと、

ずばり、それは、

西表島が大好きな、生き物好きの方ですが、

沖縄県・西表島へ行ったことのある、自然好きの方にはもちろんのこと、

これから行きたいと思ってる方、

旅にはしばらく行かないからという方にも、

西表の自然に触れた気分になれるのでおすすめです。

ページをめくっていると、

西表島のあの空気感が伝わってくるような雑誌、読みものです。

表紙の絵、

となかにもカラーで、4枚も盛口満さんの絵があるのを見つけ、

買って良かった!

と私は思いました。

絵を見ていると、西表島の匂いがしてきそうなんです、必見です。

内容は、西表島の生きもの、

イリオモテヤマネコ、カンムリワシ、ヘビ、カメ、カエル、ヤシガニ、オカヤドカリ、クモ、ハチ、ゲンゴロウ、カタツムリ、貝、汽水・淡水魚、マングローブ等について、

研究者や詳しい方が書かれていて、マニアックですが、

写真も多いし、

自分の好きな、興味あるものでしたら、楽しく読めるはずです。

カマイ(イノシシ)猟、サトウキビのキビ狩り収穫、西表島の動物たちと人びとの関わりなど、

文化についても読むことができます。

西表島の自然、生きものの最新情報を入手できる読み物として、

大変充実しています。

この本、

Amazonでは取り扱いがなく、

ベースや大阪市立自然史博物館のネットショップでは売られています。

「ぎょぶる 西表島」で検索すれば出てきますので、

欲しい方はご確認ください。

2020年8月発行の、

クラウドファンディングで作られた本で、

初版2刷の在庫がわずかになっています。

こういう本は、無くなってしまうと入手困難になるので、

なくなる前にぜひどうぞ!

生きもの好きで、いつか西表島に行くつもりなら、

持っておいて損はない本です。

西表島の書籍はいろいろ見てきたので、

自信を持っておすすめします。

西表島自然観 ギョブマガジン ぎょぶる特別編集

企画・編集・発行/NPO法人 北九州・魚部

2,300円(税別)

2020年8月発行

色々な意味で、すごく贅沢な本だと思います。

シロハラクイナに会いたくなりました。

西表といったら、1番人気はイリオモテヤマネコ⁈

これ以下3枚の写真は、私がとっても楽しく読んだページ 富田さんは、リアルでお話しするとものすごく楽しい方です。

ウミヘビに、また海で出会いたくなりました!

最近、カエル熱が高いので、もちろんチェック!

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。