2019年南米・エクアドル アマゾンとアンデス 写真で旅するふりかえり

南米エクアドル、

ガラパゴスで有名な国ですが、

ガラパゴスだけでなく、

バードウォッチング、

鳥の撮影が好きな方なら一度は訪れたい場所です。

低地のアマゾン川のエリアと

高地のアンデスエリアの2カ所を訪れる旅。

私は、高所に弱く、

2000メートルから頭痛がします。

感度がいいともいいますが、

皆さんが全然平気な時から、

体調が落ちていきます。

一晩たてば、順応するのですが、

高所に行った直後は、口がきけなくなります。

久々の3700メートル越えで、

体が鉛のように重くて、

高所の体の辛さは我慢しても、我慢しきれない、

痛みのほうがまだましと改めて思いました。

でも、パタゴニアで見ていた植物に久々に出会えて

それにだいぶ助けられ歩けました。

カルセオラリア、グンネラに感謝です。

高所に行ったのは、

高所にしか生息しないハチドリやほかの鳥を見たかったためなのです。

アンデスに行けば、

ハチドリがいっぱい、いっぱい簡単に見られる、

種数も数も多い、ハチドリ天国のエクアドルです。

美しいものは、撮影したくなる。

撮影している時、

息を止めがちですが、

高所でのそれは危険。

呼吸を意識してしないと、

さらに苦しい状況に陥ります。

自分が弱いのもあり、高山病の知識、経験は豊富です。

不安な方は、お任せください。

いっぽう、アマゾンは、低地熱帯雨林。

川には支流がたくさんあって、

奥地に行くには、

舟やカヌーで森に入っていく。

鳥を見るのは比較的難しい。

でも、原住民のローカルガイドが付いているから、

見るチャンスは多い。

アマゾン川での今年の失敗は、

ベストの端、お財布の入っていたポッケが

川に浸かってしまい、

ものの見事にお札を濡らし、

アマゾンでは全然乾かなかった。

パスポートは、ジプロックのビニール袋に入れるけど、

お財布も今度から考えようと思った次第。

舟での移動が多い場合は、荷物のケアも大事。

と前置きがすっかり長くなってしまった。

写真もたくさんある。

エクアドルのアンデスとアマゾンに行くなら、

海外探鳥の初めての場所にしないほうがいい。

やや難易度が高い場所。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。