11月23日(金) イベント開催! タンザニアサファリナイト

アフリカ・サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年以上連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:11月28日(金)14:30~16:30(14:15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

長野の善光寺 リラックマの絵馬とおみくじ、そしてハトに笑う

長野の善光寺 リラックマの絵馬とおみくじ、そしてハトに笑う

はじめて善光寺を訪れて、驚いたこと、楽しかったこと、笑えたことです。

1 大好きなリラックマの絵馬が飾られているのをみて、驚愕。コラボしてるんですね。お守りもありました。今どき、なんでもコラボするんだと勉強。

2 おみくじが、何種類もあるんです。これでもかってくらい。昔からの棒が出るタイプや、たくさん箱に入っていて中から選ぶタイプ、ガチャガチャみたいな初めてみたもの等々、過去から現在まで全種類置いてあるの?って感じです。ゲームやさんみたいです。お守りがいっぱいあるのはよく見ますが、おみくじの種類が豊富なのは初めて見ました。
 
 しかも、100円のおみくじより、200円のおみくじの方が、日本語の文面が読みやすく、100円のは40年前から変わってないんじゃないのか疑惑。文語体を、平易に書き直してある日本語が13歳の娘には意味不明で、祖父が訳す羽目に。それはそれで楽しそうでしたが。

3 清めの水をハトが飲んでいました。
鳥がいると、目がいってしまいます。それが普通のハトでも。一度は見てから視線を外します。で、面白いところにはまって飲んでいるなぁと思ってみていたら、娘が「あれ、ハトに書いてるみたいね。」と。「なんの話?」かと思ったら、『飲料水ではありません』と書いてある。
 
 笑ってしまいました。

 善光寺、日本三大〇〇と聞きましたが、商売っ気たっぷりな感じがして、興味深かったです。