飯豊山 山小屋のトイレが美しい 整備する守り人に会い感謝

福島県の山、

飯豊山(いいでさん)に登山中、

ひとりの仕事人に出会いました。

山小屋のトイレを修理に山に登ってきていて、

山小屋で小屋の方と話すその言葉には、

優しく、気遣いがあり、

声も大きく、きっぷがよく、

途中、聞こえてきた電話のやりとりから

仕事がバリバリできて、

自分の専門以外のことは適切な人に電話して助けるという、

その姿はカッコよく、

超気持ちのよい人で、

こういうタイプの人が、近くにいたら惚れるよなぁとまで思いました。

山小屋のトイレは、

今年は登山者が少なくて、

故障が少ないと直接聞きましたが、

それでも、

修理が必要になり、

今回、入山されたとのこと。

入山したタイミングがたまたま一緒で、

切合小屋2連泊の行程も同じだったので、

私たちが遊んで山を行ったり来たりしてる間に、

その方は、仕事をしていて、

3日間、

何度も姿をお見かけすることが多く、

小屋でも気さくに声をかけていただき、

ひとたび、山を歩き始めたら、

そのスピードは一定のペースで早く、

岩稜帯もスイスイ行かれるし、

眺めていて、つくづくかっこいいなぁと。

余裕で登れないと、

そもそも山の上での仕事なんてできないよなぁ、

こういう人がいるから、

山小屋の水回りの整備が行き届いているのだとわかりました。

飯豊山には、

川入(かわいり)登山口から入り登ったのですが、

その道中にある3つの小屋、

三国(みくに)小屋、

切合(きりあわせ)小屋、

本山(ほんざん)小屋、

のいずれの小屋のトイレも

大変きれいで、

臭いません。

東北の山は、

プライベート登山で10年ぶりぐらいにきましたが、

トイレがきれいすぎて、

正直驚きました。

2年前に行った北アルプスと比較しても、

整っているように思えました。

北アルプスも、十分きれいですが、

さらにきれいで臭わないという感じです。

使用人数の違いもあるので一概に比較できることではありませんが。

山小屋の方のお仕事、

食事の作成と片付け、水場・小屋・トイレなどの清掃は、

目に見えるので、その存在に感謝していましたが、

トイレを修理する人のことは、

その存在に全く気づいていませんでした。

こういう人がいて、

整えてくれるから、

山小屋のトイレがきれいに運営できているんだなぁと、

お会いして初めて気づきました。

トイレ問題は、

世界中でいろんな目に遭い、

とても大事だと実感しているので、

余計そう感じたのかもしれませんが、

本当にありがたい存在だなぁと、

今回お会いできて、気づくことができて感謝しかありません。

いつまでもお元気で、

そう思って後ろ姿を最後に見送りました。

いい人と出会えたなぁと、

人の出会いって不思議だなぁと思った飯豊登山でした。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。