イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

リマ空港 乗り継ぎ情報 国際線と国内線で施設が一部同じです 2017年7月情報

リマ空港  乗り継ぎ情報 国際線と国内線で施設が一部同じです 2017年7月情報

アマゾンの玄関口の都市、イキトスから国内線を利用しリマに戻ってきて、よくわかりました。

国内線も国際線も同じ空港の施設を使っていました。

が、チェックインの場所が違います。

飛行機に搭乗する人が全員受けるセキュリティは、国際線も国際線も同じところで行う。

その後、左に行くと出国審査があり国際線搭乗ゲートに、右が国内線搭乗ゲートにつながります。

なかなか見ない作りです。

そして、チェックインや出国審査時にも優先レーンがあり、妊娠中、歩行に困難のある方などは、長い列に並ばなくて済みます。

ペルーの国内線から、国際線への乗り継ぎは、4時間ありましたが、すこし心配していました。

航空会社が違うので荷物がスルーでない(イキトスで預けた荷物をリマで受け取り、再度チェックインして預ける)ので、飛行機が遅れると心配です。が、今回は問題ありませんでした。

南米では、いろいろ痛い目に遭っています。

昨年10月にアルゼンチンで、パイロットのストにぶつかり6時間以上待ったあげくに、フライトキャンセルになったこと、ブラジルのクイアバからの国内線からの乗り継ぎで荷物が出なくて、国際線への乗り継ぎがギリギリになって冷や汗をかいたことなど。

日本に比べたら、どの国も遅いというか、特に南米は作業がのんびりしてます。

話がそれましたが、復路は預けた荷物の出具合はそれほど遅くなく、国際線のチェックインも長蛇の列のわりにスムーズに進みました。

別の国に行く、乗り継ぎ時間が2時間で心配していたガイドも問題なく乗り継げました。

ペルーの人はノンビリと聞いていましたが、空港職員はしっかりしていて安心しました。

南米の空港職員は、街を歩く一般の人に比べ格段にきれいにちゃんとしてるので意識は高そうだなぁと感じています。

リマに行く方、難しくない空港ですが、空港はいろんな人がいますので、気を抜かずに旅をしてくださいね。

☆写真は、リマからイキトスに飛んだ国内線から撮影。川が蛇行している部分がよくわかりました。蛇行した川がせき止められてできた三日月湖も見つけ、私も窓側に座りたいと久々に思いました。