【靴づれ対処方法】キズパワーパッド 登山時は必携がおすすめ 

登ったら降りるまで、

自分の足で歩かなければならない。

そんな場所での靴ずれ、

最もツライ事になる。

そんな時、

とっても役に立つのが、

キズパワーパッド。

靴擦れかな?と思ったら

キズパワーパッドを早めに貼る。

歩いていて足が痛いなら、それはもう靴擦れだ。

認めたくないかも知れないけど、

足が痛いなら、

それはドンドン痛くなる。

登山時なら、

さっさと観念して、

同行者に声をかけ、

時間をもらって、

靴と靴下を脱ぎ、

赤くなっているところ、

当たっている場所に、

キズパワーパッドを貼ってしまおう。

それが、ベストな対処方法だ。

より、長時間、

靴を当てて痛くなってから貼るよりも

さっさと貼ってしまった方が、

傷は深くならない。

足取りが遅くなる前に、

なんだか痛い、

当たってるかも?と思ったら、

言い出しにくくても、

早々に仲間に声をかけて待ってもらう方が良い。

あとあと、結局、迷惑をかけない。

貼り方

赤くなっているところが、

当たっているところ。

そこを中心にはる。

一枚で覆えなかったら、

2枚でも3枚でも使おう。

ケチらないことが得策

キズパワーパッドは一般の絆創膏に比べ高い。

だが、登山時に靴ずれして歩くのがツライより、

貼っただけで、

普通に歩けることを考えたら、

お金に変えられないはず。

下界で、購入する時は、

ちょっと悩むかもしれないけど、

絶対に持っていくことをおすすめする。

私は靴ずれしない?

履き慣れた靴だし、

私は今まで靴ずれしたことないから大丈夫、

という人もいるかもしれない。

でも、長時間、道が川になるような雨降る中、

歩いて濡れたりすると、

靴ずれすることもある。

そもそも、

靴ずれに悩んでないなら、

このブログを読んでいないはず。

登山は、条件が天候とともに刻々と変化する。

靴ずれして痛くても、絶対に自分の足で歩く必要のある登山、

突発的な怪我をするかもしれない登山、

不要な荷物を増やさない事は大事だけど、

キズパワーパッドはお守りがわりに

持っていくことをおすすめする。

絆創膏と違うメリット

基本、山にいる間に張り替えなくていい。

モイストヒーリング(湿潤療法)だから。

モイストヒーリングについては、

詳しくは、バンドエイドのサイトを見てください。

昭和の時代とは違って、

傷の治し方に関しは、

もうしばらく前からこの方法が一般的になっています。

新しい靴、冠婚葬祭の靴を履く時にも

山でなくても、

普段、履き慣れない靴、

冠婚葬祭用の靴や新しい靴を履くなら、

持っていたら安心です。

街中だったら、

ドラッグストアに駆け込めばいいですが、

時間の都合で行けないこと、

近くに見当たらないこともありますよね。

靴ずれは、平地でもツライものです。

なぜ強くおすすめするのか

私は、様々なフィールドを仕事柄よく歩きます。

野山に出たり、海岸の砂浜や岩場、そして山も。

数年に一度くらいの頻度で、

3,4日程度の山旅もします。

そんな時に高頻度で靴ずれします。

しない時もありましたが、

プライベートで登山をすると

なぜか靴ずれすることが多くて、

ひたすら痛みに耐えて歩いていました。

我慢するしかないと思っていたので、

またそう教わったのもあって。

で、一日歩いて

山小屋に着いて、ひどくなってから、

キズパワーパッドを使ったこともあったのですが、

今年は、ハードな登山だったのもあって、

早々に、キズパワーパッドを貼って歩いたら、

その後、痛みも全くなくなり、

3日間、痛みに苦しむことなく、

快適に歩き続けられました。

私の今までの登山の中では、

最も大変な登山(福島県にある飯豊山いいでさん)だったのですが、

ほぼコースタイム位で歩き続けられたのでした。

ひどい靴ずれになると、

下山後治るまでにも時間がかかり、

痛いし腫れたりで大変なことも多かったのですが、

今年は下山後もほんとに楽でした。

そんなわけで、

靴ずれは早めに対処、

キズパワーパッドを貼る!

を絶賛おすすめします。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。