ヒメアマガエル 透明ボディのオタマジャクシ 奄美、沖縄諸島の生きもの  

水たまりに顔を近づけてよく見たら、

動いているものが、オタマジャクシだと気づく。

しかも、体が透明で、内臓が透けて見えている。

しばらく見続けていたら、

黒いベレー帽をかぶった子供に見えてきた。

この変わったオタマジャクシは、ヒメアマガエルのオタマ。

オタマジャクシってどれもほぼ一緒に見えると思っていたけど、

これは一回、知ったら忘れない。

ポットホールという、水の流れの力で小石が削ってできた穴で発見。

西表島の川辺で水遊びしたら、

比較的すぐ目につく岩盤にある丸い穴がポットホールなので、

平らな歩けるような岩の上にある水の入っている穴を見つけたら、

中をのぞいてみてください。

そこに、この子たちがいるかもしれません。

実は、カエルになっても独特で、

全長2〜3センチ、頭が極端に小さく将棋の駒みたいな体型の日本一小さいカエルです。

撮影日:6月30日
撮影地:沖縄県・西表島

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。