【おすすめ】驚きの大地セレンゲティ ナショジオ2021年12月号

今月号のナショナルジオグラフィックは、

東アフリカのケニア、タンザニアに広がるセレンゲティの特集。

雑誌の6割以上、90ページを超える大型特集で、

こんな特集は見たことないし、サファリに行ったことある人も、これから行ってみたい人にも買いの一冊だ。

2007年から行き続けていたアフリカに今年は行かれなかったけど、

これを読んで、しばしトリップできたし、

実際にサファリに行ったとしても知ることのできない話も多数あった。

ヌー、正式にはオグロヌー(オジロヌーという種も別の国にいる)の大移動の話、

草を求めて動いているのだが、

“雌のオグロヌーは一生を通して、常に餓死寸前の状態にあり、、、

その理由は、一年中休むまもなく、妊娠しているか、授乳しているからで、

特に6月から9月の4ヶ月間はどちらもこなさなければならず、それも大移動しながら、、、”

というのを読んで、

ヌーの顔が一気にリアルに思い出された。

セレンゲティよりもンゴロンゴロの方が、近距離でヌーに会えるので、

その時の顔なんだけども、

けだるそうに見えていたのは、気のせいではなかったと。

ヌーの大移動を知ってからサファリに行くと、より味わえるので、アフリカ行きたい生きもの好きな方には特におすすめです。

特製付録のオグロヌーのマップも必見です。

それから、96ページからの「聖なる森の声を聴く」が、

最近の私には響き、

オル・ドイニョ・レンガイ火口の写真が見られて、うれしかった。

ナショジオからのクリスマスプレゼントに感謝。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。