【日記記事】子育てとクリスマスプレゼントと私

今朝、クリスマスプレゼントのように、起きたら机にクリスマスカードが置いてあって、

18歳の娘からで、ドキドキしながらあけて読んで、しみじみ感じるものがあった。

一昨日、保育園に通ってた頃にクリスマスプレゼントを準備するのが大変だった話を娘とし、

昨日は、大きなクリスマスツリーが見たいと言われ、有楽町のあたりを2人で歩いて、

ヒールの高いロングブーツを履いた娘は私より背が少し高くて、

あー、ほんとに大きくなったなぁと、1人思い返してたところだったが、

クリスマスの思い出、ハプニングは沢山ある。

会社が新橋だったので、銀座の博品館に昼休みに走って買いに行ったこと、

サンタに手紙をくれるから私が返事を書いていたら、ある年「ママに字が似てる」と言われ、会社の後輩にお願いして書いてもらったこと、

それで、素敵な絵付きで描いてもらったこと、

欲しいものを親には言わなくなって、ファミサポさん(預かって下さってた方)にそれとなく1ヶ月以上かけて聞き出してもらってたこと、

それがなかなか決まらない上に、間際までよく心変わりして、焦ったこと、

前夜に変えられた年は「サンタさんも準備があるから、どうかねー」とか言った気がする。

小学生になり、Amazonで購入していたら、ある年「本当はママが買ってるんじゃないの?」と指摘され、夫がGoogleのサンタさんは今どこ?のサイトを見せて信じさせたこと、

プレゼントが置かれるのがわかるようになってからは、なかなか寝なくなって、私のが疲れて先に眠てしまいそうになったこと、

日付を間違えてプレゼントを置けず、朝プレゼントがないと泣かれ、明日がプレゼントがくる本当の日なんだよと言ってごまかしたこと(わりと小さいうちだったので、なんとかなった)

など、ざっくり書いても色々ある。

仕事メインで生活し、子育てをしていたけど、クリスマスぐらいは頑張ろとしていた自分。

一年のうちで、心身共に最も落ち着くのが年末だけで、クリスマスの頃は、仕事納めまでに、なんとか色々終わらせたくて奔走してた。

なので、クリスマスのあと1週間後が、大晦日だと、Facebookの誰かの投稿で昨日初めて認識した。

独立してからも、結局バタバタしていたし、

去年はメンタル不調に着きあまり記憶がないし、

今年やっと落ち着いて、過ごしてるからかもしれない。

年賀状を書くということもやめて、大掃除も特に考えてない。

この際だから、どこまでも、ゆるめてみようかとも思ったり、でも、最近はフツフツとするものも。

穏やかだけど、芯が育ちつつあるこの気持ちを残しておきたくて書きました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。