自然観察で山に行くなら 登山靴、トレッキングシューズの準備を!

ミナミジサイチョウ タンザニア

自然観察で山に行こうと思ったら、大事なものは登山靴。トレッキングシューズとも言います。

なにもすごい山を言っているわけではありません。高尾山や奥多摩などでも、もし今まで野外で活動をしたことがない方なら、靴はしっかり最初に準備したほうが、間違いはありません。

花を見たり、鳥を見たりするには、舗装されていない場所を歩くからです。平坦でなく、アップダウンがある道かもしれません。足場が丸い石がゴロゴロしていたりすると、不安定です。

花や鳥はどこに出るかわかりません。登山靴を履いていれば、踏ん張りもきくので、多少無理な態勢をとっても何とかなります。足場が悪くて、踏ん張れないと、不安定になるので、大変危険なのです。

また、野外は雨も降ります。防水加工の靴がベターです。

スニーカーって滑ります。少し雨が降ったりすると、特にです。そして、雨に当たれば、水が浸みてきますね。

初めて履く革靴などで足が痛くなったことがある方は想像しやすいと思いますが、足が痛いと歩くのがとてもつらいです。

野外に出て、歩くのが大変だと、すべての事が苦痛になります。

なので、足もと、靴の準備が大事です。

ちゃんとしたものを買うには、1万円位はしますので、そんなにすぐに買えないわ!と思われるかもしれませんが、運動不足だったり、不整地を歩く経験をほとんどしたことがないならば、ご自分の安全を守るためにも登山靴の準備は必要ですよ。

お金で買える安全は買ったほうがいいと私は考えます。自分の体力にすっごく自信があるなら別ですが。

別にスニーカーで行ったけど、大丈夫だったよ!というのは、たまたまの話です。運動神経に自信がある方は、ご自分で判断してください。でもけがってあるんです。脅すわけではありませんが、安全に楽しんでほしいので言いますね。

逆に、登山靴があって、歩く気力があれば、どんな方でも自然観察のために野外に出ることは可能だと私は思います。

安全は足もとから!と覚えておいてくださいね。

次回、登山靴の失敗しない買い方をお伝えします。

なぜ、突然この話を書いたかというと、山に行くのにどうやって靴を選んだらいいかわからないという、相談を受けたからです。ほぼ同時期に、山の講習会に行ったけど、どこで買ったらいいかわからないという声を聞き、あぁ~そうだよね、自分もそうだったよなと思い出したからです。

そんなに、山登りや自然観察、自然の豊かな場所に住んでいた方にはなじみある環境ですが、都会暮らしだけの方は要注意です。

初めてすることは、なんでもわからないですよね。経験がないから。

そんな方のお手伝いが少しでも、できればいいなと思っています。

※写真はタンザニアのンゴロンゴロ自然保護区で撮影した、ミナミジサイチョウ。
歩いて、虫を追い出して、食べています。ちょっとグロテスクに見えるかもしれませんが、私は大好きな鳥です。まつげが長いのが特徴です。この個体は特に長いかもしれません。サバンナは砂っぽいので、伸びたのかしらと真剣に思っていますが、答えはわかりません。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。