オオムジアマツバメ アルゼンチン イグアスの滝で観察

オオムジアマツバメ

写真の鳥は、アマツバメという仲間の鳥ですが、岩に張り付いています。よく見ると、鋭い細い爪が見えるでしょう。

この鳥、イグアスの滝の、滝をくぐったむこう側の岩場で営巣する鳥です。滝の向う側というのは、莫大な水量をほこるイグアスの滝に突っ込まないと行かれない、奥のことです。

もちろん、そんな場所には普通には行かれません。滝の上に行くだけでも相当濡れるのに、そんな場所にもし行けたとしても、私でもあまり行きたくありません。

写真を撮ったのは、イグアスの滝に行く手前の、もっと穏やかな水量の滝の近くです。こんなところで休んでる!と見つけて喜んで観察しました。

地味な鳥ではありますが、環境に対応して、敵のこない滝の向う側を営巣地にしているなんて、すごい鳥です。

アマツバメの仲間をこんなにまじかにじっくり見たのは初めてで、頭がくりっとしていて、作り物のおもちゃみたいに感じました。かわいいですよね。イグアスの滝わかりにくいですが、滝の手前の黒い小さな影が、この鳥です。

写真のイグアスの滝は、相当濁っています。私たちが訪れる直前1週間、毎日毎日雨が降ったそうで、水は茶色く水量は多いしで、よく映像でみるイグアスの滝とは全く違って見えました。テレビや雑誌では、天気の良い、よく晴れた条件のイグアスの滝しか見れませんので、それはそれで、面白いと思いましたが。

今日は朝から久しぶりに雨が降り続き、雨つながりで書きました。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。