イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

日焼け止め ファンケル サンガード50 アフリカに行ってるわりに白い私?

日焼け止め ファンケル サンガード50 アフリカに行ってるわりに白い私?

あんまり日に焼けてないね? 色が白いね、とよく言われます。アフリカに行ってるからって、そんな黒くはなりません。

日にはもちろん焼けますが、そのまま焼いていたら、日焼けでも疲れがでますので、日焼け止めは愛用しています。

だいぶ前に、日光アレルギーじゃないか?と皮膚科の先生に言われてから、無防備に日に焼けないようには気を付けています。

顔が赤くカサカサして、唇の周辺が痛く、全体はかゆくて、薬なしでは眠れない時が1年半くらいありました。皮膚トラブルはなかったのに、産後急に蕁麻疹が出るようになって、薬を飲んでも蕁麻疹が止まらなくなった後にです。

というわけで、今でも、顔には日焼け止めを使います。そして、ちゃんと、塗りなおします。よく忘れないねと言われますが、かゆくなると大変だからです。

アレルギーが、そのアレルゲンを取りすぎで起こるというのなら、たぶん、普通の人の数倍は日光を浴びているはずです。

「日焼け止めは何を使っていますか?」と先日聞かれ、ファンケルですと答えたものの、いくつか種類があるので、不親切だったと気づきました。

なので、この場をかりて、自分が日焼け止めとして使っているものをちゃんとお伝えすると、サンガード50です。

これを暑い国、そうすると漏れなく日差しの強い国に行くときは、念のため二つ持って行きます。無くしたり、途中で足りないということになっても慌てないようにするためです。

移動中に塗りなおす前には、いったん軽く顔を拭いています。それから塗りなおしています。

日焼けは、体力の消耗でもあり、そしてひどいと火傷になります。気を付けてくださいね。

日焼け止めは、外国でも、もちろん売っていますが、私は海外のものは香料が気になる(嫌い)し、買いません。緊急時は仕方ないとしても、日本からの持参を心からおすすめします。

そして、シャワー後に夕食を食べに行くときでも、日差しが強いときは必ず塗ってから、ごはんに行きましょう。無防備でいると、短時間であっという間に焼けてしまいますよ。食事の時間は要注意です。これは朝も言えます。

また、日焼け止めを使ったら、必ずクレンジングでしっかり落としてから寝るといいですよ。写真の緑のボトルは、おまけのクレンジング。キャンペーンとかで無料でくれるものですが、旅に持っていくのはちょうどいいので、ためておいて、利用しています。

ファンケルさんこのプレゼントは愛用していますので、やめないでほしいです。もしくは、このサイズも販売してほしいです。


愛用のファンケル サンガード50
ファンケルオンライン