西アフリカのボゾ族の女性がビーチサンダルから再生したブレスレット

ヨシダナギさん写真展の後、帰り道にヒカリエに立ち寄った。ここは、数回来たことがあるので、ブラブラするのにちょうどいい。

まっすぐ家に帰ってやることがたくさんある時に限って無性に行きたくなる。

少しウロウロした成果がこれ。

ニジェール川流域に住むボゾ族の女性がビーチサンダルからリサイクルしたブレスレット。

青がきれいで手に取ったら、手触りがぶよっとして、素材が気になった。

それで説明書きを読んだら、そう書いてあった。

普段、こういう物は全く買わないけど、ナギさんの後でアフリカ付いてるし、ブルーだしと購入。

ブログ書くにあたり、ボゾ族をひいたら、ナギさんのブログが出てきた。

さすがです。魚をよく食べる民族らしい。

西アフリカは、アフリカの中でも行くのも手配も難易度が高い。

私はまだ行ったことはないけれど、手配をしていたのを近くで見ていたことがある。その時、お客様を連れては絶対に行くまいと思った、詳細は省くけど。

彼女は1人で行くとはいえ、相当なことが毎回あるだろうと。

スゴイ人だ。さらっとブログにもスゴイことが書いてある。

パワフルなのはわかるが、それだけとは違う。

やっぱり好きなんだろうなぁ、出ないと超えられないものはいっぱいあっただろう。

今日はアフリカづいた1日だった。ナギさんの写真の光が、アフリカの匂いがするようで、懐かしかった。うれしかったし、楽しかった。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。