イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

自然観察の難易度高いペルーアマゾン でも生き物は多い

自然観察の難易度高いペルーアマゾン  でも生き物は多い

森が深い、樹も高い。

そもそも森で鳥を探して見るのは難しい。

船に乗り川から鳥を見る観察は森より楽ではあるが、木の高いところに留まる鳥だと距離があり、とても見易い訳ではない。

あんまり認識されていないが、哺乳類をみることは、鳥を見ることよりずっと難しい。

特に野生の哺乳類は、東アフリカ以外ではそうそう出あえない。出会えても、ちらっとだったり、よく観察できることは、まれだ。

野生動物は、その場に行かない限り、見ることはかなわない。

でも、行っても難しい。出会える保証は無い。

双眼鏡をある程度使いこなせ、かつ自然観察の経験がある程度ないと、ペルーアマゾンで野生の生き物観察を楽しむのは難しいと感じた。

アマゾンの雰囲気を楽しむだけ、アマゾン川とそのまわりの森を眺める、感じるだけなら難しくない。

でも、自然の生き物を見ようとすると、突然難易度が上がる。

宿ではマスコットとして、様々な野生動物が飼われていたし、バナナなどを置いてあり、実際に訪れれば見ることはできる。

アジアで犬や猫を可愛がるようにバクと敷地内でくつろぐスタッフを見て、動物との距離感がペルーの人は違うなぁと感じる。

保護施設もあり、そこを訪れれば野生では遭うことが稀な動物がさわれたり、間近に目にできる。

魚好きならば、多種多様な魚も楽しめる。丸木舟にのる現地の人が釣りあげた魚を見せてもらうだけでも面白かった。

アマゾン川とナポ川のぶつかるところでは、カワイルカ2種を観察した。

アマゾン川の支流、ナポ川での夜間観察では、生き物の多さを実感した。

オポッサム2種、ネズミの仲間、寝ている鳥3種、そしてフクロウ、コウモリと約1時間で多種多数を観察した。

夜間観察は、運次第なので、全く観察できないこともある。

それを考えると、短時間に脅威的な遭遇確率だ。

アフリカとは違う感じの多様性を感じた。

中南米の自然観察の旅の経験は、多くない。

チリ・パタゴニア5回
エクアドル・ガラパゴス2回
エクアドル・アマゾン
ペルー・アマゾン
コスタリカ2回
ブラジル・パンタナール2回
アルゼンチン、こんなものだ。

新大陸の生き物は、なじみがない動物が多い。

だいぶ慣れてはきたが、初めて目にするものは、脳が認識してないので、みつけにくい。

南米アマゾンに行くなら、中南米2回目以上の時をおすすめします。

でも中南米は一回しか行かないというなら、それに選んでも後悔しない目的地だと思います。

他の国のアマゾン川流域を多数回行っているガイドいわく、ペルーアマゾンが、1番簡単よ〜〜とのことでした。

アマゾン手ごわいです。

☆写真は、ソライロカザリドリ(英名Spangled Cotinga)。

中南米に、日本にはいない鳥のグループ、COTINGA コティンガというのがいて、この仲間が、色鮮やかなもの、ちょっと普通でない奇天烈な形のものなど、なにしろ変わっていて面白い。

赤くて、知名度高い、アンデスイワドリもこの仲間。

この仲間、実際に見るのは難しい。でも、今年はコティンガブーム到来。

今回、数メートル先に飛んできて感激しました。