SIMカード 南米ペルーで外国人は買えない アマゾンでは日本からのレンタルWi-Fiもほぼ繋がらない 2017年7月情報

征服者の名前の付いた町

世界のどこに行っても、ネットとつながれれば、仕事は出来る。

アマゾン川をさかのぼること3時間位の場所でも、つながった。

でも、これ、日本からレンタルしていったモバイルWifiは、だめだった。

宿のFree Wifiでつながれただけだ。

ペルーは、まだ3G。

首都リマから、2時間飛行機で飛んで、さらに船で移動したアマゾン川やその支流にいたのだから、つながらなくても仕方がない。そうではないかとも推測した。

でもそれで1万円以上投資したのだ。金銭的にもったいない。でも試さないとわからない。

これから、どこに行っても繋がれるような人になるべく、今回は初トライだ。

試してみたから、ダメなことがわかった。状況は今後どんどん変わるだろうが、学びだ。ひとつずつ覚えていく。

そして、SIMカード、ペルーでは買えないことが判明。

私より先にペルーに入っていたガイドに聞いたが、外国人はペルーではSIMカードが買えないと。

彼は、英語もスペイン語も話すし、一年の半分は自宅以外の場所ですごす。世界中を文字通り、渡り歩いている。

自分は三分の一くらいだから、かわいいもの。実際に、「それくらいならいいよね~。」と言われた。そんなことないけど。

そんな彼に相談したら、南米やアフリカでSIMカードを買うには、買えるところもあるけど、登録などに時間がかかったり、あっさり買えるところなど、いろいろだという。

先進国でない場所、世界の様々な国で自由にネットにつながろうとするのは、まだ難しいことなんだと、気づいた私。

IT苦手だと思っていたし、いまでも苦手感はあるけれど、結構難しいことをしているから、難しいんだというのもわかってきた。

自分が知らなくてできないこと、本当にまだ技術的に難しくて出来ないこと、ひとつひとつ整理して、前に進みたい。

心強い見方も今はいる。だから大丈夫、一歩ずつ進もう! といま思っている。

☆写真は、アマゾン川の間にできた陸地(島?)の町。ペルーの征服者の名前が付いた町。どういうセンス?と思うが、気にしていないのかもしれない。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。