イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

自宅での探し物 机はきれいになったけど自力では見つからず あ~大失敗

自宅での探し物 机はきれいになったけど自力では見つからず あ~大失敗

片付けは大好きですが最近できていません

言い訳からはじまりますが、今年に入ってあまりに目まぐるしい変化で毎日が過ぎ、掃除と片づけは大好きなのですが、全くできていません。

というわけで、またもや大事なものが紛失しました。

ちょっとやそっとではなく、ここには書けませんが、聞いたら、えぇっ?というものです。

思い当たるところを探しても、出てこないので、段々真剣に焦ってきました。

先月の今頃も真剣に焦ったばかりです。イヤな汗が出ます。

2時間以上探して、本当にみつからない。

これはどうしたものか、すべての書類をひっくり返そうか?と思いながら探し続けていました。

救世主は夫でした

夫が「違う目で探してあげるよと。僕が探すとみつかるでしょ。」と何度も言います。

過去にも前歴があります。

いいよと、断る私。

でも、夕食も作ってもらって食べた後、結局、手伝ってもらいました。

ひとしきりして、全く別の場所から、夫が見つけました。

あぁ~、そんなところに。

違うものと紛れて、私の部屋でない場所から出てきました。

大事なものが見当たらない時の探し方 人に助けを求める

大事なもの過ぎて、大事にしまったものが、見つからないことってありますよね。

皆さんはどうしていますか?

40過ぎてから、いやもっと前からか、会社でもよく物が探せなくなり、別の人が探すとすぐ見つかるということがありました。

人の助けを借りる。

これが一番かもしれません。私の場合。

断らずに、早く手伝ってもらったら、もっと早くに見つかったなぁと、反省です。

若い時は、ものを無くしたり、落としてきたりすることがなかった自分が、最近いろいろなくします。

自分が信じられない~と落ち込むこともあるのですが、縁がなかったんだなぁと、ものの場合はあっさり諦めることにしました。

でも、大事なものの場合はそうはいきません。

今日の学び

落ち着いてさがしても、探すだけ探してもみつからない場合は、人の助けを借りる。

☆写真は、北海道知床、硫黄山に6月末に咲いていたサクラソウです。
種は同定してません。雪田の後の岩場に、いっぱい、いっぱいありました。
登るのに疲れすぎて、一面の花を目の前にしても、茫然自失状態で、花に真剣に向き合えない自分でした。
高山の花は、体力の限界を過ぎてから出会うので、証拠写真のようにしか撮れないのが残念です。
次回からは、山に行く際はiPhoneだけにしようかと真剣に思っています。