イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

紀の善 夏に思い出すお店 氷宇治金時がイチオシ

紀の善  夏に思い出すお店  氷宇治金時がイチオシ

飯田橋にある名店、甘味屋さん。

いつ行っても混んでいる。

しばらく並ばないと入れないくらい混んでいる。

でも、子供の時によく食べにきて、美味しくて楽しかった記憶のせいか、時々食べたくなる。

餡子が苦手な子供だったけど、ここのアンコだけは別で美味しかった。

今は、昔よりアンコは食べられるようになったが、食べなくてもいい食べ物。

それなのに食べたくなるから不思議だ。

食べ物の記憶って思い出とと共に作られるんじゃなかろうか、少なくとも自分はそうだ。

今日は自分のイベントで、神楽坂に来ている。

少し早めに来て、寄ることにした。

たぶん数年ぶり。

相変わらずの混みっぷり。

でも、このお店1人で来ても居心地がいい。

1人用の席もあるし、空いた順番で4人席にも通してくれた。

ありがたい。

今日は来る前に、杏あんみつと決めて来た。

でも、待っている間に氷を食べているのを目にしたら、食べたくなった。

そして、小腹も空いてることに気付く。

前回の初イベントで、初めて2時間話し続けたら、相当エネルギーを消耗した。

何か食べて、そして氷を食べよう!

席が空くのを待つあいだ、15分くらいあっただろうか。

悩むのにちょうどよかった。

最近、妙に好きになった御赤飯を選択。そして、氷は氷宇治金時にした。

以前は、ここに抹茶アイスクリームをプラスしていたが、さすがにやめました。

美味しく完食。

氷だけ食べ続けると、寒すぎて途中で凍えるけど、御赤飯を食べながら氷を食べを繰り返し、そんなことなく最後までいけました。

両方一緒に持って来てくださいって伝えた時は、ギョッとされて、聞き返されたけどね。

このあと、お腹が痛くならないかだけが心配。

胃が冷えると痛くなる時がある。

飯田橋の駅から近いので、機会があったら是非どうぞ!

お汁粉系のお椀物を一人で3つ召し上がってるおしゃれなおばあ様がいた。

大学生と思われる男性も1人で、抹茶ババロアを食べていた。

甘味は一人で食べるのもありなのかもしれない。今日の気づき。

神楽坂 紀の善