アフリカ タンザニアのサファリの動物たち M ZUIKO DIGITAL ED 300mmのすごさを知る!

9月タンザニアに2週間のツアーに行ってきました。そんなに長く行ったのは自分も初めてで、お客様にリクエストされてのツアーでした。

アフリカコノハズク
アフリカコノハズク

で、もうそんなに長く行くチャンスは滅多にないなと思い、今年一度は真剣に考えて自分には重量的に無理だと諦めたレンズ、M ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROのレンズが、欲しくなりました。

アフリカゾウ アップ
アフリカゾウ

重量が1475gあり、ボディは560g、ざっと2キロ以上あります。持ち続けるには重すぎますが、サファリカーなら大丈夫かもと、で、結果大丈夫でした。

マサイキリン
マサイキリン

確かに重くて、自分の腕だけではツライのですが、車のボディを使えばなんとかなりました。

グラントシマウマ
グラントシマウマ

で、写真は、光が、空気が写し込まれる感じががして、今までのと全く違う!出来となりました。やっぱりレンズなんだと、思った次第です。

ダチョウ雄
ダチョウ雄

意外に普通すぎて良いなぁと自分が思う写真が今まで撮れなかった、シマウマやキリンが撮れました。

ミナミジサイチョウ
ミナミジサイチョウ

そして、鳥は羽が羽軸までくっきり写る!、目で見てる見たいと、すごく驚きました。鳥が嫌いな方には、気持ち悪く感じるかもしれませんが、鳥好きにはそのディティールはたまりません。

イランド
イランド アンテロープ最大種

そして、光がよく映るんです。感動です。イランドは普段、牛の変わったのみたいにしか写せなかったのに、嘘見たいにカッコイイ。

アフリカトキコウ
アフリカトキコウ

自分は、仕事で写真を撮りはじめました。機材は全部自前ですし、写真撮影は決してメインの仕事ではないのですが、好きなんです。だから楽しい。世界中で撮影できて幸せです。

テクノロジーってすごいと、久しぶりに実感しました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。